キンプリメンバーの仲良しインタビュー!

 第1弾は初ドームツアーのBlu-ray&DVD『King & Prince First DOME TOUR 2022 ~Mr.~』。続く第2弾は、初週売り上げでミリオンを突破したダブルAサイドシングル『Life goes on / We are young』

 そして、4か月連続リリースの第3弾、昨年のアリーナツアーの映像を収めたBlu-ray&DVD『King & Prince ARENA TOUR 2022 ~Made in~』を3月22日にリリースするKing & Prince。

アリーナツアーを通じて「ひとりじゃなくて良かった」

――アリーナツアーで印象に残っていることは?

高橋海人(以下、高橋)「ちょうどシングル『ツキヨミ/彩り』のリリースタイミングと重なって、みんなで一緒にミュージックビデオを見たよね」

平野紫耀(以下、平野)「そうそう。『ツキヨミ』の振り入れを(公演の)本番前とか、終わってからやったりもして」

高橋「横浜アリーナでやった!」

岸優太(以下、岸)「朝早くに(テレビ出演の)撮影をしたこともあった。紫耀はちょうどドラマ(主演した『クロサギ』)の撮影中で」

平野「ツアーとドラマの撮影が重なったときは、大変だったな」

神宮寺勇太(以下、神宮寺)「個人的に、すごく印象に残っているのが、バックステージで食べたスープカレー。本当に美味しかったんだよね(笑)。各地域でスタッフの方がいろいろなものを用意してくださるのですが、特に北海道のスープカレーが美味しかったな」

平野「北海道公演といえば機材から火が出てしまって。あのときは5人でフォローし合いながら、お客さんを心配させないようにトークでつないで。

 最終的に、会場にいた方々には外に避難していただいて振り替え公演をやらせてもらいました。ほんとにあのときは、ステージにひとりじゃなくて良かったなと思った」

――公演の中止が決定するまでみなさんでトークをしたり、会場の方々に声をかけられたことで大きな混乱はなかったそうですね。

平野「そうですね。ただ、それまでも、ステージに出てとっさにしゃべるみたいなことが何度かあったので、その経験が活きたのかなと思います。1時間ぐらいしゃべっていたので」

高橋「ほんと、活かされたね」

――トークといえば、コンサートの演出をされる神宮寺さんが、コントコーナーは絶対に岸さんをメインにした内容にしたいと、頼んでいたらしいですね。

「そう言ってもらえて、本当にうれしかったです。ただ、どこまでできるのかわからなかったので。メンバーに助けてもらえて、ありがたかったですね。

 少しでも面白くなるように、いろいろと意見を出してくれたおかげで、よりブラッシュアップできました。先ほどの紫耀と同じで、やはりひとりでは無理だなというのはすごく感じました