トレンド
2018/12/10

イニエスタ、大谷翔平もほっこり。美人寮母がひと皿に込めるアスリートへの熱き思い

人間ドキュメント
人間ドキュメント
スポーツ料理研究家、『ヴィッセル神戸』寮母の村野明子さん
明子さんは選手たちの顔を見ながら、笑顔で夕食を手渡していく
かつて晋さんが日本代表スタッフをしていた時期は多忙ですれ違う日々だったというが、現在は夫婦二人三脚で選手たちを支える
栄養たっぷり、めかぶとしらすのあえ物を作る明子さん
取材した日の夕食も彩りが鮮やかで美味しそう! 60人分の食事を手際よく仕上げていた。メニューは牛すじの煮込み、焼き魚、野菜サラダ、めかぶとしらすのあえ物、野菜スープ、果物、ご飯はおかわり自由
元日本代表の西大伍選手(鹿島)と明子さん
大きな鍋を使いこなす寮での食事作りは力仕事
60人分の牛すじの煮込みを作る際も、下ごしらえには手間をかけ、味見をしながら作っていく
前列左から3番目)巨人・内海選手らとの自主トレに同行し、明子さんも食事管理を担当
卒業生たちは感謝の言葉を胸にプロの世界へ
この写真の記事へ戻る
プライムチャンネル

Photo Ranking

あわせて読みたい