ライフ
2019/11/15

ヘアドネーション活動を広めた美容師「ウイッグをつけなくてもすむ世の中が理想」

病気子ども
週刊女性2019年11月26日号
[写真 1/6枚目] ヘアドネーションを多くの人に知ってもらうためジャーダック事務局では子どもたちを中心に不定期に見学会を開催している(要予約)
[写真 2/6枚目] 寄付される髪の毛はレターパックなどで1日200~300通届く
[写真 3/6枚目] 1・届いたレターパックなどを事務局のスタッフが開封し、髪の毛の長さや状態をチェック
[写真 4/6枚目] 2・髪の毛は長さ別に箱に分けられ、トリートメント加工に回される
[写真 5/6枚目] 3・3週間分でこの量に
[写真 6/6枚目] 4・医療用ウイッグは、子ども本人の頭の型をとったあと、オーダーメードで作られる
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking