「ちょい食べ」におすすめなのはチーズなど
すべての写真を見る

(2)飲み会前の「ちょい食べ」で食べ過ぎ防止

 空腹の状態で飲み会に参加すると、食べ過ぎの原因になったり、お酒も回りやすくなったりします。でも、飲み会の前に「ちょい食べ」して空腹をまぎらわせておけば、そんな心配もありません。

 おすすめ間食として、干しいもや甘栗、ドライフルーツ、ヨーグルト、チーズ、牛乳などがあげられます。特に、お酒を飲むことがわかっているときにおすすめな「ちょい食べ」食材は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品。

 乳製品に含まれるたんぱく質はアルコールの分解を促進させる上、胃の粘膜を保護する働きがあるからです。

(3)通勤時間、お昼休みを利用してカロリー消費

『なぜあの人は、夜中にラーメンを食べても太らないのか?』道江美貴子著( Business Life) ※画像をクリックするとamazonの購入ページにジャンプします

 摂取するカロリーが増える分、消費するカロリーも増やしたいもの。飲み会の多い時期は、いつもより体を動かす時間も増やすのがビシネスパーソンのたしなみです。

 ジムに行ったり、早起きしてジョギングしたりするのが難しいのであれば、通勤時間を利用して、一駅分歩くようにするのが効果的。飲み会集中期は、エスカレーターやエレベーターをなるべく使わず、階段を使うようにし、近くの移動ならタクシーを使わず歩くようにしましょう。

 また、昼食を食べた後や、就業時間が終わって残業する前などに、10分~20分、会社の近所をウォーキングしたり、会社の階段を昇り降りしたりするのもよい運動になります。時間をやりくりして、運動量を増やす工夫を。

 これら3つの事前準備を意識して実行すると、今まで頑張ってきた成果が台無しになってしまう心配がなくなります。安心して飲み会シーズンを乗り切ってくださいね。