稲川素子社長

 今やテレビで外国人タレントを見ない日はないだろう。バラエティー、ドラマ、クイズなどのテレビ番組を始め、CM、映画というメディアにおいてもその役割は大きい。彼らをひとくくりにした、いわゆる「外国人タレント」の先駆け的な芸能事務所として、国内でいち早く始めたのが「稲川素子事務所」社長・稲川素子さんだ。今回は、どのようにしてその礎を築いてきたのか、そしてなぜ84歳になった今でも現役で最前線に立ち続けているのかをインタビューした。

50歳で芸能事務所立ち上げ

――意外にも芸能事務所を立ち上げたのは50歳だということですが、きっかけは何だったのですか?

「きっかけは、私の娘がピアニストとして『天まであがれ!』(日本テレビ系)というドラマに出演したことです。

 このドラマの監督が“フランス人を探しているんだけど、なかなか見つからないんだよ。大きな役なんだけど、誰かいないかね”というようなことをスタッフさんと話していたのがたまたま聞こえたんです。

 それで、私には紹介できるフランス人がいたので『紹介できますよ』と伝えたんです。そしたら『すぐ紹介してくれ』って言われたので、そのフランス人に連絡をとったら、なんと帰国していたんです。さすがに約束してしまったので、日仏学園に行って文化庁から派遣された舞台監督をなんとか紹介してもらったんです」

――すごい行動力ですね。

「何をするにも信頼が一番ですから、とにかく必死でしたよ。しかも、彼は元舞台俳優だったので、監督のところに連れて行ったら大抜擢されました」

――それは先方も感謝したんじゃないですか?

「そうなんですよ。それで、そのフランス人の撮影には、私が通訳として京都の太秦まで帯同することになって。現場ではメガホンを握って通訳していました(笑)」

――撮影スタッフの一員ですね。

「それがきっかけで、業界内で『外国人なら稲川さんのところだ』と評判が広まっていったんです。それが、事務所立ち上げのきっかけになりました」

――それにしてもそれまでは専業主婦だったということで、50歳から事務所を立ち上げるのはかなりのパワーが必要だったのでは?

「もちろん夫に相談したら、当然怒られるし、相手にされませんでしたよ。でも、お姑さんからは、『あなたは今まで多くの言語を学んできたから、天職よ。やってみなさい』って後押しされたんです」