観光課はファンのために奔走

全国でも珍しい石積み造りの棚田が広がり昔ながらの板倉が点在する種蔵地域

 さらに、山田さんが「涙ぐましいほど頑張っている」と聖地巡礼の旅先にすすめるのが、岐阜県飛騨市。'02年の朝ドラ『さくら』のロケ地で人気となり、'16年には大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』の舞台として、あらためて人々を魅了している。

「アニメなので撮影隊が来ず、市内には映画館もないため、地元はモデルになっていると知らなかったんです。なのに突然、大勢の人がやってきて“(作中に登場した)図書館はどこ?”と聞くので、街の人は大あわてだったそうです」

 一方で観光課の担当者は試写や遠方の映画館、地元上映会などで計8回、作品を鑑賞。この場面はあそこ、あの場面はここでは、と自力で場所を探し当て、訪れるファンに楽しんでもらえるよう対処したとか。

 なかでも、駅に止まる電車を見下ろすシーンを同じように写真に収められるよう、撮影場所となる跨線橋の窓の柵を間引き、そばに電車の時刻表を貼ったという心遣いには感心するばかり。

飛騨古川駅は再現写真の撮影スポット

「飛騨市は市民がていねいに町の掃除や手入れを行うので、いつもきれい。観光客にも温かくて、道を尋ねるとよければとお茶を出して一服させてくれることも。そんな土地や人に魅了されたリピーターがとても多い。最近では、海外からも映画の反響とともに、日本の原風景を求めて訪れる人が増えています」

 市の調べでは、『君の名は。』が上映された'16年の観光客数は100万人を突破、昨年は113万人超と過去最高に。いまだ高い人気を誇っている。