「今ひとたびの青春でございます。ちょうど夕日が沈む前に、カーッと一時明るくなるようにね」

 穏やかで、ていねいな口調。微笑(ほほえ)みを絶やさない和田京子さんは88歳にして、現役の社長だ。8年前に設立した和田京子不動産の年商はなんと5億円!

 夫を看取った後、79歳で宅建(宅地建物取引士)の資格を取得。翌年、自宅の一室を事務所にして仕事を始めた。

 それまではずっと専業主婦で、働いた経験もない。最初の2年間は全く収入がなかったという。それが、徹底した顧客目線の経営で急成長。今ではテレビや雑誌などメディアの取材が相次ぐ。

 身長150センチと小柄で華奢(きゃしゃ)だが、仕事にかける思いは誰よりも熱い。

「うちは24時間、365日営業をしています。もう、死ぬまで布団では寝ない。その覚悟がなくて仕事ができるかと、布団を捨ててしまいました。主婦は自分の家が職場です。いつも家族に合わせて待つ暮らしをしてきましたから、同じような感覚で、深夜でも気軽に相談できたらお客様は助かるかなと考えたのです。でも、われながら、なんてバカなことを始めちゃったんだろうと思いますよ(笑)」

 以来、仕事の合間にマッサージチェアやコタツで、うたた寝をするのが京子さんの睡眠だ。

24時間営業に覚悟を決めて布団を廃棄。このイスが休憩スペース

 顧客の1人である畑山誠さん(54=Grill-Pan ZENオーナーシェフ)は仕事柄、帰宅が遅い。ウェスティンホテル東京のレストランで働いていた3年前、深夜にメールを送ったら、和田さんからすぐに返信が来て驚いたという。

「本当に24時間やっているんだなと(笑)。困っているときに、たまたまテレビで和田さんを見たんです。自分が何度も不動産屋にだまされてきたから、私は正当なやり方をしていくと話す言葉を聞いて、“ああ、この人なら安心して任せられる”と」

 畑山さんの依頼は所有するマンションの売却。ローンが残っているのに査定額が低くマイナス財産になっており、連帯保証人がらみの問題もあった。最初にそうした心配事を伝えると、親身な答えが返ってきた。

 買い手はなかなか見つからなかったが、2年前、東京オリンピックに向けて、その地域の物件価格が上昇すると、ほかの不動産業者からの問い合わせが相次いだ。

「僕は1日でも早く売りたかったのですが、和田さんはよく考えなさいといろいろアドバイスをくれて。評判のよくない業者から守ってくれたんです。おかげで売却した代金で残債を払えました」

 京子さんによると、不動産は扱う額が大きいだけに、詐欺まがいの業者も残念ながら存在するという。不動産を買う場合は、さらに慎重な見極めが必要になる。

「例えばね、誰も手を出さない悪い物件を特別サービスだとウソをついて格安で売る業者もいます。買った人は住めばわかるから、すぐ売らざるをえなくなる。そんな業界の腐ったところというと語弊がありますが、悪いところを少しでも正したくて、この仕事を始めたんです」

 創業以来、京子さんは扱う物件のよさだけでなく、デメリットも必ず伝えている。

 その裏には、自分がだまされて悔しい思いをしてきた経験がある。