今年もディナーショーを盛り上げる工藤静香(左)、五木ひろし(中)、郷ひろみ(右)

 クリスマスのシーズンが近づくと、芸能人のディナーショーも幕を開ける。昨年に引き続き、今年のディナーショーお値段ランキングでもトップに輝いたのは、五木ひろし。今年で41回目の開催。なぜ5万1500円という金額でも毎年ファンは集まるのか? 

「五木本人が企画・構成の段階から関わっており、2日間行われるディナーショーのためだけのセットを作るので、特別感があると思います。毎年コンセプトも変えており、昨年はムード歌謡をテーマにしました。今年のテーマも考えておりますが、内容については詳しくお答えできません」

 そう話すのは、五木の所属事務所担当者。楽曲のアレンジもディナーショーならでは。

価格が高いのには理由がある

今年は混声合唱を入れるなど、会場のお客様がアッと驚くようなアレンジを加えた楽曲もご用意しております。歓談中も楽しめる企画を考えておりますので、期待してください。食事に関しても、ホテルとわれわれ事務所で打ち合わせを重ねて、五木の故郷である福井県産のお米を使うなど、徹底的にこだわっています。

 ディナーショーはメニュー数を減らしたりすることも多いのですが、そういうことはせず、食事も満足していただけるようにしています。基本、五木が事前に食べて、五木のOKが出たものだけを提供していますね。高いなりに理由があるんですよ(笑)」(同・担当者)

 10月から五木とスタッフが打ち合わせを重ね毎年ガラッと構成を変えることで、ファンを飽きさせないショーにしようと心がけているという。実は、五木は日本におけるディナーショーの生みの親であり、それは東京プリンスホテルから始まった。

「毎年楽しみにされているお客様がいらっしゃいますので、今年も好調にご予約をいただいております」(東京プリンスホテルの広報担当)

 一方、残念なことに、昨年7年ぶりにディナーショーを行った中森明菜は、今年の開催は見送られるようだ。所属事務所に確認すると、

「未定です」

 昨年、ディナーショーを行ったホテルにも中止の理由を問い合わせてみたところ、

「ホテル側からの依頼ではないため、理由はわかりません」

「去年はタイミングよくお願いすることができたというだけで、2年連続でお願いするということはないです」

「今年は別のアーティストの方にお願いしています」

 などの回答が得られた。芸能ジャーナリストの石川敏男さんも、やはり気になるのは明菜のこと。

「昨年は全国14都市18公演のチケットが早々に完売するほどの人気ですから、ファンは待ち望んでいるんです。夏のコンサートもやるはずだったのが延期になってしまい、さらに年末のディナーショーも見送ることになったんでしょう。

 明菜さん本人も関係者も本当はやりたいんだと思いますよ。ディナーショーを5回やれば、1年は食べていけるほどの収入を得られるんですから。そういうことを考えると、彼女の体調がかなり悪いとしか思えませんね