1月2日、薄いピンクのお召しもので新年の一般参賀に臨まれた

「新年おめでとう。晴れわたった空のもと、みなさんとともに新年を祝うことを誠にうれしく思います」

 1月2日、平成最後の『新年一般参賀』でこう述べられた天皇陛下。皇居には平成最多の15万人以上が足を運び、宮内庁は急きょ、予定していた参賀回数を2回追加したほどだった。

「両陛下にとって、在位中では最後の一般参賀になりました。それだけに、今回のお出ましは感慨深くいらっしゃったと思います。

 陛下は先日のお誕生日での会見でも、平成の時代を“天皇の旅”と表現されました。それと同時に、60年間支え続けてくれた美智子さまに対して、涙声で感謝の気持ちをお伝えになっていました」(皇室担当記者)

 皇室の歴史では、初の民間出身妃である美智子さまとともに、“全身全霊”で築かれてきた『平成』が終わりを迎えようとしている。

眞子さまの「結婚問題」解決への道筋は

 ただ、そんなおふたりの時代の終わりに、いまだに解決の道筋が立っていない問題が残ってしまった。

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題には、両陛下もそうとう心を砕かれていることでしょう。特に美智子さまは、2月24日に政府主催で開催予定の『在位三十周年記念式典』前に、この問題を解決させたいお考えだという報道もありました。

 しかし、留学先のアメリカから小室さんが帰国しないこともあり、問題解決への道筋が立てられないようです」(同・皇室担当記者)

 小室さんが留学しているフォーダム大学ロースクールは、昨年12月下旬から1月初旬まで年末年始の休みに入っていたのだが、結局、帰国することはなかった……。