日曜劇場『グッドワイフ』に主演する常盤貴子 (c)TBS

 夫が収賄容疑で逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰することになったヒロインが、数多くの困難に立ち向かい、乗り越えながら奮闘する姿を描いたリーガルヒューマンエンターテイメント日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系 日曜夜9時~)が好調だ。

アメリカの人気ドラマを
日本版にローカライズ

 ヒロインの蓮見杏子を演じるのは、『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』(’00年)以来、19年ぶりの日曜劇場の主演となる常盤貴子。夫の壮一郎役には唐沢寿明、同期で杏子に好意を持つ弁護士の多田役を小泉孝太郎、多田の共同経営者役を賀来千香子、壮一郎の疑惑を追及する東京地検特捜部の検事役を吉田鋼太郎と滝藤賢一がそれぞれ演じる。

 常盤は演じるにあたり、

「(専門用語など)本当に難しいセリフが多いので、明日はわが身を合言葉に、(共演者)みんなで助け合いながら“大丈夫だよ! うまいよ!”って、励ましあいながらやっています(笑)」

多田や事務所のメンバーと一丸となって案件と向き合う杏子 (c)TBS

 原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務め、’09年から7年間アメリカで放送された『The Good Wife』。

 今クールもリーガルドラマが人気だが、東仲恵吾プロデューサーが原作に魅力を感じたのは何より、主人公の“力強さ”という。

「夫のスキャンダルによって好奇の目にさらされている自分の弱みをも逆手にとって、がむしゃらに立ち向かう主人公の姿には、すがすがしさを感じます。

 本作で杏子を演じられるのは、芯の強さとたおやかさを兼ね備えた常盤さんしかいないと感じ、お願いしました。撮影では、家庭での主婦としての顔と弁護士としての顔の緩急を、しなやかに演じていただいています」

 原作を日本でドラマ化するにあたっての条件は、“ローカライズ”という。

夫のスキャンダルによって専業主婦だったヒロインが弁護士に復帰するという部分などは原作どおりですが、登場人物の人間関係や扱う案件は、創作してもらってかまわないと言われました。アメリカと日本では法律が違うので、自由に日本風にカスタマイズしていいと。原作は人間関係の変化が面白いので、制作にあたってはまず、全話を通して人間関係がどう動いていくかを考え、それから各話の案件を考えていきました。

 扱う案件は、どこで起こってもおかしくないようなリアルな題材をチョイスしています。また、杏子たちの前に立ちはだかる相手も曲者ばかり。痛快な芝居合戦も、大きな見どころです」(東仲P、以下同)