長い間、テレビドラマでも雑誌でも、「イケメンといえばキムタク」という、木村拓哉一人勝ちの時代があった。

 そんなキムタクも今年11月で47歳。最近は娘でモデルのKoki,(15)の登場でパパ感がクローズアップされているが、それと同時に外見の評価がガタガタと落ちている。

 顔のたるみやシワによる“ブルドッグフェイス”化が指摘されている以外にも、先日、木村がテレビ出演した際、髪色がまだらに染まっているように見えた視聴者から、「白髪染めが失敗してる!?」と声が上がり、ネットニュースにもなった。

 いくらスーパーイケメンといえども寄る年波には勝てないのか? 急激な老け込みの原因について美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――イケメンの名を欲しいままにしてきた木村拓哉さんも、もう46歳なんですね。やはり年相応に老けてきた印象でしょうか?(と、20代・30代・40代の木村の写真を見せる)

高須老けたか、と言われれば、ハリ・シミ・シワ・たるみと肌年齢は相応に重ねたでしょう。でもこれでいいんじゃないかな? アラフィフでこんな素敵に年を取ったジャニーズがいる、それは後輩にも励みになるし」

――そうですね。こんなに長く第一線でいられる先輩の存在は、いい目標になると思います。

高須「それに、SMAP解散、TOKIO問題、タッキーの引退・社長就任、嵐活動休止発表など、ジャニーズ事務所も分岐点にきている。今までの“若くて可愛い少年”系がメインの事務所から、10代からアラ還まで幅広く活躍できる事務所へと、変わるときなのかもしれないね。そうすると木村さんの存在は非常に頼もしいでしょう