(写真左から時計回りに)伊藤綾子、沢尻エリカ、倖田來未、辻希美、小保方晴子、ベッキー
 平成は“インターネット発展の時代”でもあった。ブログ、SNSの普及で個人が自由に意見を発信できることにより生まれた“ネット炎上”。これまで芸能人も数多く炎上騒ぎに見舞われた──。元号が変わるその前に『平成を騒がせた炎上女王』を独断と偏見をもって選出したい。燃えさかる10人の女性たちの“過去と現在”を漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんが語る(以下、コメントはすべて辛酸さん)。

* * *

沢尻エリカ 『映画の舞台挨拶で「別に」発言』 (平成19年)

 舞台挨拶のときの彼女のビジュアルを思い返すと、金髪、真っ黒なアイメイクにファッションも派手だったのが記憶に残っています。もしかするとあの日、鏡に映った自分の姿を見た瞬間に人格が変わってしまったのかもしれません。いわゆる憑依(ひょうい)型女優です。しかし、彼女は当時21歳という若さにも関わらず出演映画を数本抱え、当時は約160件もの取材をこなしていたとか……。160回も同じことを聞かれたら誰でもああなってしまいそうです。

「別に」で炎上した後、“第2のエリカ様”や“ポスト沢尻エリカ”と呼ばれる女性芸能人がたくさん出てきました。芸能界に“消えない爪痕を残した”という意味では芸能史に残るすごい一件だったのかもしれません

倖田來未『“35歳を過ぎると羊水が腐る”発言 』(平成20年)

 当時、彼女自身が年齢が35歳より下だったこともあり、消せないほど大きな炎上になりました。ラジオでの発言ということもあって、ついつい気が緩んでしまったのでしょう。

 現在の彼女のインスタを見ると、相変わらずセクシー衣装を着ながら“ファンの女性をステージに上げて、跨(またが)る”といったコンサート風景をアップしていました。サービス精神旺盛な外国人タレントの心境なのかもしれません。

 数年前、群馬の『珍宝館』に行った際、“発言のほとんどが下ネタ”でおなじみの清水ちんこ館長に「あんたは羊水が腐っているわね」と出合い頭に言われました。いまだに使い回されるほど強いフレーズだったということですよね。

 ただ、不思議と館長に言われてもあまり怒りは感じませんでした。倖田さんも彼女くらいエロかっこよさを極めていたら炎上は起こらなかったのかもしれません

園山真希絵 『塩谷瞬の二股交際報道でブレイクも“イタい発言”でバッシング』 (平成24年)

 二股報道後、急に世の中に注目されるようになった彼女。奔放な発言以外にも、料理家として“これはどうなの?”といった料理も話題になっていました。“とにかく棒状のようなものをそそり立たせる”盛りつけが衝撃的でした。ニンジン丸ごと1本の隣にジャガイモを2個配置したりですとか……。

 塩谷さん、冨永愛さんとの三角関係それ自体よりも“ささいな発言もプロポーズと受け取ってしまう”彼女の自称モテキャラのほうが目立った記憶も。調べてみたところ、彼女は島根の出雲出身。そそり立つ盛りつけは御神体じゃないですけど、縁結びをイメージしていた部分もあったかもしれません。

 現在は“食陰陽師”という肩書で活動されているみたいです。これまで自分を悪く言ってきた人たちに何らかの呪術をかけるためでしょうか。ほかにも“出雲ぜんざい大使”や“茨城県北PR大使”など細かすぎる肩書きをお持ちです。「なぜ茨城の“北だけ”PR?」と1個1個調べたくなりますが、そっとしておいたほうがいいかな、とも思います。彼女の今が幸せそうで何よりです──