※写真はイメージです

 国立がん研究センターの統計によると、'16年に新たに胃がんと診断された男女は13万4650人。表のとおり、昨年に発表された罹患数予測では12万8700人だった。日本人にとって、いまだに胃がんはリスクの高いがんと言える。

幼児期に感染したらずっと続く

 驚くべきは、胃がん発症者の99%がピロリ菌に感染しているという事実。つまり、ピロリ菌に感染しているか否かを調べることが、胃がんを回避するうえで重要なリスクヘッジとなる。

「ピロリ菌に感染するのは小児期です。だいたい1~2歳、遅くとも5歳以内に感染します」と教えてくれたのは、日本医科大学消化器内科学特任教授の貝瀬満さん。大人になってからは感染しないが、幼児期に感染してしまうと感染状態がずっと続くという。

感染ルートとして考えられるのは離乳食を口うつしで与えられた際に、親の口の中に何らかの原因でピロリ菌がいることでうつしてしまうケースや、休眠状態のピロリ菌を含む糞便が入った水や食べ物を子どもが口にしてしまうケースです。

 とはいえ、現在は感染リスクを過度に意識する必要はありません。ピロリ菌は衛生環境が整うにつれ、劇的に感染率が減少しています」(貝瀬さん、以下同)

 そのうえで、「気をつけることがあるとすれば……」と貝瀬さんは注釈を加える。

「例えば、きちんと洗浄していない胃カメラを挿入したことで感染してしまう医原的なルートも存在する。内視鏡の洗浄・消毒はガイドラインで定められているので、感染管理術を徹底している病院やクリニックを選ぶようにしてください」

 現在、人間ドック受診者の最新調査では、40代の感染率は20%台まで減っていて、20代は10%、10代になるとわずか2%ほど。貝瀬さんが言うように、衛生環境の向上とともに感染率は急減している。幼少期に不衛生な場所で過ごすといった特殊な経験がない限り、感染することはまずない。