携帯がお財布、クレカ、口座として使える!

 スマホ決済は組み合わせ次第で無限に方法があります(下図参照)。サービスによって、現金チャージ、銀行口座登録、クレジットカード登録など、支払い方法が異なります。

 
 WAON、nanaco、楽天Edyなどの電子マネーは、スマホのおサイフケータイやGooglePayにアプリを入れて使います。多くがプリペイド式で、お店で現金チャージをしたり、クレジットカードからお金をチャージして使います。
すべての写真を見る

 また、今持っているプラスチックのクレジットカードをスマホと一体化させて使えるようにするには、スマホの電子マネーアプリ(iDやQUICPay)にクレジットカードを登録して使います。さらに、スマホや携帯会社によって違うApplePayやおサイフケータイ、Google Payなどの決済サービスを利用して使います。

 最後に、いま最も話題のPayPay、LINE Pay、Origami Payなどのスマホ決済サービス。いずれも、スマホにコードを表示し、お店で読み取る、またはバーコードを提示し決済が終了します。

 最近はプラスチックカードさえ発行せず、スマホの中にバーチャルプリペイドカードを即時発行して使えるようにする、LINE Payカード、Kyash、バンドルカードといったサービスもあります。これらはコンビニなどでチャージ、銀行口座やクレジットカードなどからのチャージが必要。

今すぐ欲しいに応えるバンドルカードが話題

 バンドルカードは審査も年齢制限もなくアプリのダウンロードで、誰でも1分で作れるネットショッピング専用のバーチャルなVisaプリペイドカード。お金がないときは「ポチっと」チャージ機能で3000~50000円まで後払いでチャージできるのが特徴(要手数料。初回は少額から)。欲しいものを即座に買えると話題です。カード番号もないすっきりデザインが人気のリアルカードなら実店舗での買い物も可能。

バンドルカードのリアルカード

スマホ決済サービスは送金も簡単

 スマホ決済サービスはアプリによって友達や家族間の送金も手数料無料でできます。例えば、友人一同で贈り物をしたときの集金や、家族が財布を忘れて出かけたときなど、「集金やおつりが煩雑で面倒」「ちょっとお金を渡せたら便利」というシーンで大活躍。

連名のプレゼントの集金・送金

 振込手数料はもちろん、おつりを気にせず集金できるので、食事会などの支払いの際、レジで「個別にお願いします!」と言わなくてもすみます。

イラスト/アライヨウコ
財布を忘れた子どもに送金

 塾に出かけた子どもが財布を忘れても、アプリが入っていればスマホに送金できるので、わざわざ財布を届ける必要がなくなります。

イラスト/アライヨウコ
教えてくれたのは
ファイナンシャルプランナー 山口京子さん◎幸せなお金持ちになるアドバイスが人気。へそくりから金融商品まで、家計をトータルで見直し最得ルートへ導く専門家。『ビビット』『情報ライブ ミヤネ屋』『バイキング』などに出演。『お金に泣かされないための100の法則』など著書多数。

(構成・文/鷲頭文子)