設置された監視カメラ(写真中央あたり)

 昼は料理人、夜はコンビニのアルバイト。せっせと仕事に励んでいた容疑者。出戻った自宅で見た母親の姿に怒りを爆発させたようで……。

「小学生のころから、身体が大きくて、どっしりしている印象でした。近所の児童と集団登下校していましたが、特に変わった様子もなくて、元気な子でしたね。でも、いつの間にか見かけなくなったんです。親元を離れて自立したものと思っていたら、ニュースで事件を知ってビックリ。アパートに戻ってきていたとは全く知りませんでした」(地元PTA関係者)

 事件現場となったアパートに出戻ってきていたのは神奈川県小田原市の自称アルバイト、鳴海拓也容疑者(26)。

「11日午前10時ごろ、自宅アパートで、47歳の無職母親の胸を刃物で刺し、自ら110番通報してきました。警察官が到着すると、室内から手をあげて出てきて犯行を申告しています。その場で現行犯逮捕。被害者は救急搬送されましたが、病院で死亡が確認されました」(捜査関係者)

 死因は失血死だった。

 容疑者は「口論の末、刺した。日ごろの鬱憤がたまっていた」などと供述しているという。

 事件発生当初の状況を知る近隣の女性住民は、

「事件が起きたときは警察や救急車、消防車などがたくさん来て、ものものしい雰囲気でした。身近でこんなことが起きるなんて驚いています。近所付き合いを全くしようとしなかった部屋なので、独身世帯かと思っていました。まさか母子2人で住んでいて、しかも親子間の殺人事件になるなんて」

 と眉をひそめる。