あれから半年──。誰もが予想しえなかった衝撃と、激動の日々。ただひたすらに歩み続ける彼らの今を、世界的写真家が切り取った。

 かつて、ここまで短期間で、ジェットコースターのような日々を送ることになった歌謡グループが存在しただろうか。しかしこの半年、隠さず、逃げず、ただ実直に活動してきた4人にとって、未だ“夢の途中”でしかない。そんな彼らの今を、旬の人々を鮮烈に切り取ることで知られる写真家・野村佐紀子が見事にとらえた──。

 週刊女性PRIMEでは、メンバーそれぞれに今の気持ちを聞いた。

後上翔太
ごがみ・しょうた 1986年10月23日生まれ。東京都出身。179cm。

 紅白歌合戦に出られて、1月に注目が集まって……。それを踏まえたうえでよく「忙しくなったでしょう」と聞かれるのですが、うーん、そうとも思っていないんですよね。もともと僕自身、「これが成功」「これが失敗」とか、出来事に対してあまり区別しない方なんですよ。

後上翔太 撮影/野村佐紀子

 もちろん、以前よりテレビや雑誌の取材がたくさん来てくれるようになったし、出演者として呼んでいただけるようになりましたが、テレビ出演のときの「うまくリアクションできるかな」という気持ちと、いつもの健康センターの舞台での「お客様を最後まで楽しませないと」と思う気持ちを、どちらも緊張というなら、僕にとってはまったく別物ですしね。

 また、「今後の目標は?」とも聞かれるんですけど、すごく先のことって、いくら綿密な計画を立ててもその通りに行くかわからないじゃないですか。よく成功者の書いた本なんかに「達成したい目標は長期スパンで考える」と書いてあるんですが、その目標というのが、僕にはよくわからないんですよ。一方で、いつまでも打席に上がって日々ヒットを打ち続けることが目標という人もいる。“成功”ってどういうことなんだろう、って考えますね。

 確かに今は注目を浴びるようになりましたが、だからといって安定した、というわけでもないと思っています。本当に、この先何が起こるかわからないから。僕の場合、「幸せだな」「ほっとするな」と思う瞬間のために生きているような気がします。「幸せだな」と思う瞬間は、なんといっても寝る瞬間ですね(笑)。あと、僕、味にこだわりがないんで、ほっこりする温かいものを食べられたらそれでいいや、って思ってますし。ほっとする瞬間は、地方の仕事が終わって新幹線に乗る瞬間かな。

「純烈」自体がマイペースなんだと思います。「純烈」なんて熱い名前なのに、体育会系みたいな熱血漢がいない(笑)。紅白を目指すとか、お客さんを楽しませるとか、大まかな枠はあるけれど、それ以外は決まりとかないんです。それぞれの方法論でやっていると思う。楽屋は一緒ですが、ほとんど話さないですし。舞台上のトークとして活かしたいから(笑)地方から帰るときは、「オレどこそこで〇〇食べてから帰るから」なんて、別々の新幹線だったりしますからね。

 僕も「純烈」も変わっていくのかもしれない。でも、それも僕だと思うし、「純烈」だと思うんです。でも、純烈を続ける限り、「お客様を最後まで楽しませないと」という“枠”はなくならないと思います。