6月19日、千葉・幕張メッセにて行われたWBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦で見事勝利し、王者の座に輝いた吉田実代選手(31)。2008年にキックボクシングを始めて以来、総合格闘技、再びキックボクシング、そしてボクシングと競技を変えながら闘い続け、2015年には出産も経験。シングルマザーとして子育てにも日々格闘しながら、2017年には日本女子バンダム級、翌年には東洋太平洋女子バンダム級王座までも獲得した、吉田選手の強さの秘訣、原動力とはいったい何なのか──。

 いまでこそ日本女子ボクシング界を率いて立つ吉田選手だが、格闘技の世界に足を踏み入れた、そのきっかけは意外なところにあった。

格闘技を始めたきっかけ

「10代のころにソフトボールを頑張っていたんですけど挫折して、そのあと始めたダンスでもまた挫折してしまって。何とか20歳までにひと花咲かせたいと思っていた矢先、友達とショッピングに行ったデパートで、偶然、海外留学の貼り紙を目にしたんです。

 それまで海外に行ったこともなかったんですけど、なぜか“海外留学”という言葉が頭から離れなくなってしまって、家に帰ってからネットでいろいろと調べたんですね。そしたら、どのウェブサイトでもトップに“ハワイの格闘技留学”が出てきたんです。それで運命を感じちゃったんです」

 カラダを動かすことが好きだったとはいえ、もちろん格闘技は未経験。女性の格闘技があることすら知らなかったという。しかし、それでも自分を変えたいという強い気持ちひとつで単身ハワイに渡り、格闘技に挑戦することを決意。故郷・鹿児島を離れての3か月に及ぶ海外留学生活が始まった。

「ハワイの格闘技ジムHMC(ハワイマーシャルアーツセンターアカデミー)では総合格闘技、柔術、キックボクシングから何をするか選べたんですけど、3か月で習得できるものということで、覚えるのに比較的時間のかからないキックボクシングをやることにしました。靴ってはくんだっけ? というレベルからのスタートだったんですが、いきなり初日からスパーリングをさせられて、何もわからぬままボコボコにされました(笑)」

 洗礼を浴びせるためとはいえ、おじけづいて帰国してもしかたのないところ。だが、かえってこの洗礼が吉田選手の闘志に火を付け、未経験ながらも「自分を変えたい」という一心で必死に食らいついた。次第に格闘技の楽しさを感じるようになった。

 帰国後は、女子の格闘技の試合を唯一やっている東京へ上京し、ジムに所属しながらアマチュアキックボクサーとして活動を始めることになった。しかし、ここで思わぬトラブルに巻き込まれる。

「アマチュアだったんですけど、やる気だけはあったので、プロの選手たちに可愛いがってもらえて。だけど、それが気に食わなかったほかのアマチュアの選手たちから嫌がらせを受けたんですね。最初は我慢していたんですけど、だんだんひどくなっていき、人間関係のトラブルでキックボクシングに集中できない環境はよくないなと思って違うジムを探しました」

 そんな吉田選手を次に受け入れてくれたのは、総合格闘技ジム。経験もないまま3か月で総合格闘技デビューするものの、やはり自分にはキックボクシングが向いているという思いが強くなっていき再度、移籍。そして再び戻ってきたキックボクシングの世界で、運命の出会いが待っていた。

スパーリングする吉田実代選手 撮影/Chikako Kishimoto

「キックボクシングの試合前にボクシングのスパーリングをしていたんですけど、その相手をしていただいていた藤岡奈穂子さんという、世界5階級制覇したボクサーが強すぎて衝撃を受けたんですね。

 なんで女の人なのにこんなに強いんだろう、これが本物の強さなのかって。それで試合がないときにもスパーリングに行くようになって、次第にボクシングに夢中になっていったんです」

 こうしてボクシングに転向した吉田選手だったが、スパーリング練習をしていたとはいえ、キックボクシングとは別ものの競技。はじめからうまくはいかなかった。

「蹴りの間合いとパンチの間合いひとつとっても、思っていたのとまったく違うことに衝撃を受けました。キックボクシングに慣れていたぶん、適応するのが難しくて、デビュー戦もなんとか勝った感じ。最近になってボクシングの奥深さがやっと楽しく思えるようになってきましたけど、当時はまさか世界チャンピオンになれるなんてとても思えませんでした」

 戸惑いや不安を抱きながらも、新たに踏み入れたボクシングの世界で必死に頑張っていた真っただ中──突然、妊娠が発覚する。