僕らの関係は、“友達以上恋人以上”

堀田 自然界にも“1/fゆらぎ”というものがあって、必ずどこか欠けているから自然体として映ると言われている。流星さんの演出は、科学的エビデンスがあると言えますね。翔太さんはどうですか?

翔太 当初は、僕もキャラを演じてお客様に接していたんですけど、疲れてしまって。それでつくり込むのではなく自然に自分が楽しめる雰囲気をいちばんに考えるようになりました。その結果、「翔太君っていつも楽しそうだよね」って言われるようになり、指名も一気に増えましたね。

堀田 面白いなぁ。流星さんと桐生さんはブランディング型、対して翔太さんは自己PR型ホストといっても十人十色の方法論があるんですね

桐生 僕たちホストは他の人間とキャラがかぶらないように、自分なりのテクニックを磨いていくしかないんです。

堀田 ということは、キラーフレーズみたいなものもあるんですか?

流星 用意しておく言葉はありますね。

ホストにはギャップが必要(桐生)
すべての写真を見る

桐生 お客様から“プライベートで付き合いたい”と言われるケースもありますそういうときなどは、適当に思いついた言葉はよくない

翔太 なんて言うんですか?

桐生 本当は企業秘密なんですが……「僕らの関係は、友達以上恋人未満なんかじゃない。“友達以上恋人以上”だから」と。

一同 おお! 

桐生 お金が発生しているから、お客様とホストの関係は友達でもなければ恋人でもない。でも、お互いを必要としていることは確かです。「僕らの関係はありふれたものを超越している。恋人だったら終わりがある。でも僕らには終わりがない」と。

流星翔太 使わせてもらおう!

桐生 だから企業秘密だったのに(笑)。