まわし一丁にマゲ姿のおすもうさんスタイルで路上に立ち、まわしを叩きながら歌う“路上相撲パフォーマー”のごっちゃんこさん(27歳)が最近、ツイッター界隈で話題になっている。

 まわしをパーカッションのように叩きながらラップし、歌い、通りすがりの人と相撲を取る。足を高々と上げる美しい四股(しこ)を踏み、「ひとり相撲」で取組(のまね)を熱く見せることも。さらに、相撲甚句を朗々と歌いあげ、声もいい。もともと、京都・河原町の路上に立っていたが、最近ではハワイ、メキシコ、オーストラリア、東京、インド、台湾と、世界あちこちをまわし姿でぐるぐる回っている。

通りすがりの人と相撲を取ることも

ごっちゃんこさんのチップ箱、目指すはヨーロッパ!

 そこで、パフォーマンス予告がされた高円寺へ、追っかけて行ってみた。

 さて、駅前に突然現れたまわし姿のおすもうさん。道行く人は「なんだ?」と視線を投げかけ、足を止め、何人かはジーッと食い入るように見つめる。その中でごっちゃんこさんは蹲踞(そんきょ)の姿勢でひしゃくに入れた力水を飲むと立ち上がり、足を前後に開いてスッと立ち、やにわにまわしを叩き、ラップをし始めた。

 ♪わたくし ごっちゃんこと申します まわし叩いてオリジナルラップ 自分なりの人生 自分なりの相撲道 ちゃんとやる♪

 ♪どこだってやれる 地球上どこも 自分の土俵にできるんだ もうダメだって言わないで♪

 ♪気づいたんだ 自信だけ持ってよう 謙遜とか 謙虚とか いらない♪

 まわしパーカッションのリズムがきいていてキレっキレっ。なによりリリックがいい! 最初ぼんやり見ていた、髪を金髪に染めた若い男の子が身を乗り出して聞き始めた。彼は最終的にごっちゃんこさんと相撲を取って、「今、休職中なんです。すごくよかった」と感動の面持ちで、励まされた様子だった。

東京・高円寺の路上でパフォーマンスをする、ごっちゃんこさん。誰とでもその場で相撲を取ることも

 コート姿のOL風の女性もジッと見ている。日ごろ相撲とは無縁そうなフツーの人たちが、ごっちゃんこさんの路上相撲パフォーマンスにグイグイ引き寄せられていく。

 かつて江戸時代には「ひとり相撲」を演じて見せる路上芸人がいたり、街道の辻で相撲を取って投げ銭を集めた「辻相撲」などもあったが、なんと令和の路上に相撲が帰ってきたとは! インドでのパフォーマンスの動画を見ると、現地の伝統相撲「クシュティ」にも挑戦したりもしている。いいっ! 世界に日本の相撲を広め、世界の相撲を日本に知らせる。全く新しい路上相撲パフォーマーとして世界でブレイクしそうなごっちゃんこさん、カッコいい! 

 ところがだ。