時代劇やバラエティー番組で活躍中の俳優・高橋英樹さん(76)。愛娘(まなむすめ)のフリーアナウンサー、高橋真麻さんの出産も楽しみな今、ますます元気なワケとは? 健康の秘訣を、ご本人にたっぷり語ってもらいました。

◆   ◆   ◆

医者と検査が大好き! 家族のためにも元気でいたい

 腰痛は20年近くも続いていたし、五十肩、六十肩も大変でした。60代では、めまいに悩まされた時期もありましたよ。でも、すべて克服! ポイントとしては、私、お医者さんがだいっ好きなんですよ(笑)。不調があったら、まずお医者さんに自分の身体の状態をよく知ってもらう。そのうえで、きちんとアドバイスを受ける。これが基本ですね。

 血糖値やコレステロールは、2か月に一度の検査でチェック。検査や診察は、自分の弱点を自覚する、という大事な目的があると思いますからね。私もたびたび『ガッテン!』(NHK)など健康関連の番組に出演させていただいていますが、数ある健康法を、あれもこれもはできないですよね。でも、自分の弱点を知れば、どの運動、どんな食事法を優先したらいいのか、わかってきますから。

 腰痛は、ブロック注射も効かず、担当医に「どうか手術してください」と泣きついたほどでした。でも、骨も筋肉も異常はなく、その痛みは錯覚だ、との診断。そして、運動して腰を支える筋肉を鍛えるように言われたんです。

 僕はゴルフ歴は長いんですが、新たにインナーマッスル、身体の芯の筋肉を鍛える運動をすることに。お腹の筋肉を使った呼吸法や、ストレッチポールの上に寝て、バランスをとる体操をしました。あとは、壁に肩からお尻までピッタリとつけて立って、30秒保つとか。続けるうちに、14か月で腰痛を解消できたんです!

男子、厨房に入るべし! 健康料理は自分で作る

 食事には、すごく気を遣っていますね。特に野菜は、健康のために、たくさんとりたい。外食ではなかなかタップリ食べられないので、家庭料理では思う存分、野菜を使用しています

 冷蔵庫の食材を見て、「さて、何を作ろうか」と工夫するのが楽しい。難しくはないですよ。野菜でも肉でも大鍋にどんどん入れて、グツグツ煮るだけでうまい!

 サラダは、あり合わせの野菜を盛るだけ。マヨネーズもドレッシングもかけない。もともと野菜の持っている“うまみ”が、あるじゃないですか。ドレッシングをかけると、どれもドレッシングの味になってしまうのがイヤなんですよ。食事に気をつけるようになって、検査数値が驚くほどよくなりましたね。

ビタミンたっぷりのケールを主役に、家にあった葉野菜もちぎってプラス。赤い皮がきれいなラディッシュのスライスを彩りにのせ、粉チーズの風味でいただきます。