エコファーム・アサノのオーナーである浅野悦男さんは海外の超有名シェフまでもが畑に足を運ぶ、野菜づくりの名人だ。いたずらっ子のような笑顔で楽しく語る彼の人生は、実は開拓の連続。常に前向きに逆境を乗り越えてきた生き方とは─。

 都心から高速道路を使って、車で1時間あまり。訪れたのは、千葉県北部に位置する八街市。高速を降りて一般道をしばらく走ると、畑の風景が広がり、目的地の『シェフズガーデン・エコファーム・アサノ』が見えてきた。

 広々とした敷地を入っていくと、「こっち、こっち!」、張りのある声とともに、母屋から男性が出てくる。白いひげをたっぷりと蓄え、黒のベレー帽にジーンズ姿。小柄なのに、全身からパワーがみなぎる。

余計なことをしない。ただそれだけ

 この人こそ、農場のオーナー、浅野悦男さん(75)。農家というより、骨太の芸術家、といった雰囲気だ。

「服がおしゃれだって? そんなことないよ。野良仕事で土だらけだもん」

 豪快に笑い飛ばすと、「2月のこの時期は、野菜が少ないけど、ちょっと見てみるかい?」、裏の畑へと案内してくれた。

 浅野さんが作っているのは、スーパーでは売られていない西洋野菜が中心で、『シェフズガーデン』と名がつくように、出荷先は主に都内のレストランだ。

「これは、イタリアのそら豆でファーベっていうの。うちでは実じゃなくて、花を売ってるんだ。食べてみる?」

イタリアのそら豆、ファーベの花を「ホラ!食べてみて」 撮影/齋藤周造

 差し出されたのは、白くて、紫色がアクセントの可憐な花。口に含むと、驚くことにそら豆の甘い香りが広がる。

「前菜に出したら、目でも舌でも楽しめるってわけ。これはプレコーチェ。チコリの仲間で、こうやって外側をはがしていくと、鮮やかな紫色が出てくる。『アタシ、脱いでもすごいのよ』ってね(笑)」

 おやじギャグを織り交ぜながら、プチヴェール、ビーツ、ルッコラなど、さまざまな野菜を味見させてくれる。

 どれもなじみの少ない野菜だが、素人でもわかる。とにかく、味が濃い。そして、甘みと苦味がしっかり感じられる。どうやって作っているのか尋ねると、浅野さんはあっさり答える。

「そんなの、特別なことなんか何もしてないよ。余計なことをしない。ただそれだけ」

 年に1度、米ぬかやもみ殻、緑肥作物のスキ込みをし、種を蒔く。収穫までは、追肥はもちろん、水やりもほとんどしない。

「水なんてやらなくても、自然に雨が降るでしょ。雨が降らなきゃ、植物は自分で深く根を張るの。生き抜くために。だから強く育つ。野菜本来の味がする。それを、過保護に育てるから、ダメになる。子どもを育てるのと一緒。ほったらかしがいちばんいいの」

 ほったらかしと言いつつも、畑はきれいに整えられ、愛情を込めて育てていることが見て取れる。