新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、全国の動物園・水族館の休園が相次いでいる。上野動物園をはじめとする多くの施設が「#休園中の動物園水族館」というハッシュタグを付けて動物たちの写真や動画をSNSに投稿。

「はぁ〜元気出ました!」「殺伐とした中で、ほっこりしました」「コロナ収束したら会いに行くね!」と癒される人が続出。自宅にいながら動物たちの姿を楽しめると話題だ。

 そんな状況の中でも、動物たちは春の出産シーズンを迎え、各地で赤ちゃんが次々と生まれている。

チーターの赤ちゃん動画をライブ配信

 関西圏では珍しい“ドライブスルーサファリ”を楽しめる動物園と遊園地が融合した兵庫県の『姫路セントラルパーク』では、3月2日にチーターの赤ちゃんが誕生。ふわふわとした毛並みはまるでぬいぐるみのよう。インスタグラムのライブ配信ではミルクを飲んだり、飼育員に甘えたりする愛らしい姿を見ることができる。

『姫セン』の愛称でも呼ばれる同施設は、さらに公式ホームページ上に「日本一癒されるサイト」を立ち上げ、チーターの赤ちゃんを始め、コツメカワウソやレッサーパンダなど過去の赤ちゃん動画や写真をまとめて掲載。

《姫センはしばらく休園するけれど、自宅待機のストレスをやわらげて救援したい。そう、休園だけにね(ニヤリ)。》とユーモアをまじえた紹介文を添えたサイトで、文字通り、コロナで疲れた心を癒すページになっている。「こんなん即ブクマ(ブックマーク)やろ」「姫セン、素晴らしい」とSNSで大反響を呼んでいる。

『姫路セントラルパーク』ホームページに開設された「日本一癒されるサイト」

 同施設を運営する株式会社ジャパン パーク&リゾート 営業部企画広報課の幸崎 誠さんによれば、

「チーターの赤ちゃんは一般展示デビューを4月4日から予定していたのですが、直後の9日から休園になってしまいました。見ていただける機会を作りたいと、『日本一癒されるサイト』を作りました」

 という。さらに、

「本当はお越しいただきたいところですが、当面の休園期間中は、まずは“こういうところなんだ”と知ってもらい、ご自宅でサファリを体験してもらうために、ネットでさまざまな施策を行っています。サイトに上がっている動物の写真は過去のものも混じっていますが、その動物の飼育担当者が撮っているので、普段、お客様の前ではしないような表情もあります。ここでしか見られない写真をご覧ください」

 今後の新施策も計画しているそうで、

「近いうちに、チーターの赤ちゃんの様子を定点カメラでライブ配信して、サイト内で見ていただけるようにする予定です」