『未満警察』、「ジャニーズが主役なのに、いいの?」

成田 面白いドラマほどいい場面をいち早くネットでつぶやきたいから、放送中に見るリアルタイム視聴=リアタイしたくなる。だから放送開始までに用事をすませて、スマホを握りしめてテレビ前で待機するんですよね。

『MIU』は社会で「おかしいな」と感じることを鋭く抉る内容と展開の妙、『半沢』は出演者のアクの強さと物語の面白さの両方を言いたくなる。同じTBS系の『私の家政夫ナギサさん』は、ほんわりした世界観の中に旧態依然とした社会への疑問がしっかり盛り込まれていて、こちらも語るべき内容がありますね。

エス そう! 男性が家政夫として働くことや、働く女性のジレンマとか、女性だからって家のことを完璧にやらないといけないなんてことない、といったさまざまな価値観を描いていて、好感がもてる内容なの。家政夫役の大森南朋のキャスティングも絶妙で、ヒロインの多部未華子は本当に演技がうまいなぁと再確認。特にひとり言のシーンが自然なんだよね。

多部未華子のファッションにも注目が集まる『ナギサさん』。登場人物がいい人なのもコロナに疲れた視聴者を癒す。左から瀬戸康史、多部未華子、大森南朋
すべての写真を見る

ららら モノローグやナレーションが多いドラマって、主張がキツくなりがちですけど、『ナギサ』は押しつけがましさがないですもんね。

エス 今後はこういう「女だから」とか「男のくせに」というものを取っ払った、新しくて面白いドラマが増えていけばいいよね。それにしても『ナギサ』の後、先日亡くなった三浦春馬さんが出る『おカネの切れ目が恋のはじまり』の予告があって涙……でも4話だけでも放送する、というTBSのその意気やよし。悲しいけど、見るよ!

『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)は面白い回もあるんだけど、「あれ?」と思う回が多い(笑)。物語のつじつまが合ってないところもあるし。

ららら アクションでも中島健人平野紫耀が相手にやられることが多いので、ジャニーズなのにカッコよく活躍しなくていいの? と思ってしまいました。でも、まあ土曜の夜だから、これくらいのゆるさでいいんですかね。

エス そうそう、リアルさを求めてはいけない枠よね(笑)。

成田 実は今回、僕がまったく食指が動かなかったのが『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)で……もともと殺人と病気が前提のドラマって、あんまり見ないんですけど。

ららら 私も見てないですね……

エス あらら。かくいうアタシもネットで「薬剤師が越権行為しすぎ」といった、あまりいい評価をされていなくて、見てない……でも薬剤師さんの仕事をリアルに描いたら、ドラマになりにくいのかも。難しいところよね。

『アンサング・シンデレラ』は田中圭(右)、石原さとみ(左)で手堅いと予想されたが数字も評判も芳しくない

成田 そういう意味では、テレビ朝日系は『刑事7人』『警視庁・捜査一課長2020』『未解決の女』と毎回ドラマになる刑事モノをそろえて、固定客へのサービスは盤石。

エス うん。しかも10月からは最長シリーズの『科捜研の女』だから、手堅いよね!