またスキンケアは、「暑い季節も肌には油分が必要。乳液やクリームは省かず、高保湿の化粧品を1年通して使っていただきたいです」と言う。

 化粧水やクリームを塗るときは、手のひらになじませてから肌を包み込むようにハンドプレスする。日焼け止めも同様で、ペタペタとスタンプを押すように塗り広げて摩擦を回避するのがルールだ。

「50代のお客様に摩擦ゼロを徹底していただいたところ、シワが浅くなり、ツヤツヤのお肌になりました。高級化粧品は追加せずに変化を実感していただいたようです」

 日々のちょっとした意識で肌が若返る。この夢のような石井式のメソッドは、今日からさっそくトライしたい!

【石井式洗顔の驚きの効果】
 ゴシゴシ洗うと肌を傷つけてしまい、シミやたるみなどあらゆる肌トラブルの原因に。石井式洗顔は洗うときも、すすぐときも徹底してこすらない。肌の健康を取り戻し、若々しく生まれ変わらせてくれる。

1 乾かなくなる
2 毛穴が目立たなくなる
3 色ムラが改善する
4 たるみが改善する
5 つやが出る

「こすらない洗顔」をマスターしよう!


■洗顔料は泡タイプがおすすめ
 手のひらと肌の間にもっちりとした濃密な泡があることで摩擦を防ぐことができる。押すと泡で出てくる洗顔料が便利。プッシュするだけでモコモコの泡が出てきて手早く洗顔がスタートできる。

■手のひらにピンポン玉3個分の泡をのせる
 泡はケチらず、手のひらにたっぷりのせる。目安はピンポン玉3個分の量。泡で出てこない普通の洗顔フォームの場合、泡立てネットなどで弾力のある濃密泡をつくって。その泡を、両手に半量ずつのせればスタンバイOK。

■顔全体に泡をのせて、もふもふ押し洗いする
 両手にある泡を顔にのせたら、手で泡を優しく押すようにして洗う。手を横にすべらせたり指先をクルクル動かすのは摩擦になるので絶対NG。指が肌に直接あたらないように注意しながら、泡のクッションで毛穴やキメの間に入った汚れを押し出すようなイメージで。

「もふもふ押し洗い」のやり方(イラスト/ふじいふみか)
すべての写真を見る
 手が顔と垂直になるように、もふもふと押す動きを繰り返す。おでこやあご裏、目のまわりやフェイスラインも丁寧に“押し洗い”する。この洗い方なら刺激を与えず酸化した皮脂や付着した大気汚染物質をすっきり落とせて清潔な肌に。

■すすぐときも摩擦ゼロ!
 水をすくって泡を流すときに手をすべらせがちだけど、これも摩擦になるのでNG。手は肌に極力触れないようにして水を優しくあてる。洗顔料が肌に残ると刺激につながるので、30回ほどすすいでしっかり洗い流す

 顔の正面に水を10回あてたら、横を向いて左右5回ずつ。おでこ・あご各5回、輪郭や生え際をすすいで完了。

(取材・文/飯田帆乃香)

『一週間であたなの 肌は変わります 大人の美肌学習帳』(石井美保著・講談社) ※記事中の写真をクリックするとアマゾンの商品紹介ページにジャンプします

【PROFILE】
石井美保さん ◎トータルビューティーサロン「Riche」代表。本人による美肌コンサルティングは予約2年待ちの超人気メニュー。説得力のあるアドバイスで多くの女性誌からもオファーが絶えない。現在、44歳にして透き通るような美肌の持ち主。