昨夏に小室圭さん側の弁護士と3人でお会いして以来、いまだに小室さんサイドとは連絡すらとっていません

 竹田さん仮名)は高齢で、経済面はもちろんのこと、体力的にも精神的にもつらそうな状態が続いています。

 眞子さまと小室さんの結婚が決まり、仮にお祝いムードになった場合は、彼の性格を考えると、返金をあきらめる方向に傾く可能性もあるかもしれません……」

 困惑しながらそう話すのは、小室佳代さんの元婚約者・竹田さんの代理人男性。

 小室圭さんの母親・佳代さんとの間に、400万円超の金銭トラブルが生じているのは周知の事実だが、いまだに進展せず……。

 眞子さまのご結婚を延期させた原因といわれるトラブルが一向に解決しない中、ここ最近、秋篠宮家が新たな動きを見せている。

「10月1日、秋篠宮ご夫妻は都内施設で行われた『令和2年度文化庁芸術祭』のオープニングに臨席されました。おふたりが外出を伴う公務に臨まれたのは、実に7か月ぶりです」(皇室担当記者)

 眞子さまは9月16日、ご夫妻に先立って都内のデパートで開かれた『日本伝統工芸展』を鑑賞され、8か月ぶりに公務をこなされた。

『文化庁芸術祭』のオープニングを鑑賞された秋篠宮ご夫妻(10月1日)

「9月27日には佳子さまが手話を取り入れた演劇やダンスで出来栄えを競う高校生の全国大会『手話パフォーマンス甲子園』を、お住まいからインターネットのライブ配信でご覧になりました」(同・前)

 両陛下が8月にあった『戦没者追悼式』以外の公務にお出ましになっていない中、秋篠宮家が先陣を切って“お仕事”を再開されたのだ。