春夏ドラマ満足度ナンバーワンといわれた『MIU404』(TBS系)。台本を書いたのは脚本家の野木亜紀子さん。野木さんの名を世に知らしめたのは『逃げるは恥だが役に立つ』(’16年)だろう。同作は来年の1月にスペシャルドラマが決定し、ファンたちを喜ばせている。

 そこで、脚本家・野木亜紀子の心に残る名ゼリフを週刊女性編集部とドラマ座談会メンバーの成田全さん、エスムラルダさん、神奈月ららさんが独断で選んでみました!(※ネタバレ含みます)

誰もが気づかずに抱える「呪い」

《その1》
自分に呪いをかけないで。そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまいなさい
(『逃げるは恥だが役に立つ』最終回より ※セリフは海野つなみ先生の原作によるものです)

 多くの女性に勇気を与えたこの言葉。石田ゆり子演じるアラフィフの百合ちゃんが、17歳年下の男性(大谷亮平)から好意を抱かれるが、それを知った若さだけがすべての女性(内田理央)に「50にもなって若い男に色目を使うってむなしくなりませんか」と言われる。その返しがコレ!

《あなたはずいぶんと自分の若さに価値を見いだしているのね。私がむなしさを感じるとしたら、あなたと同じように考えている人がいっぱいいるということ。今あなたが価値がないと言い捨てたものは自分が向かっていることなのよ。私たちの周りにはたくさんの呪いがあるの》

 そして冒頭のセリフに続くのだ。

 女性の賞味期限についてズバリと斬ってくれた。ドラマウォッチャーの神無月ららさんは、

「誰もが気づかずに抱えていた“若さを失えば自分には価値がない”という思い込みをきちんと“呪い”だと気づかせてくれて、同時にその呪いから強く解放してくれた。このセリフを味わうためだけでもこのドラマを見る価値はあります」

《その2》
昔っからどんなにまじめにやっても何か抜けてんの。だから、もうやめたの。期待されなきゃ、がっかりされることないもん
(『獣になれない私たち』第4話より)

伊藤沙莉

 なかなか報われない主人公・晶(新垣結衣)の同僚でちゃっかり者の松任谷(伊藤沙莉)が放ったセリフ。ライターの成田全さんは、

普段は明るくふるまっているのに、諦めから出た処世術をぽろっと吐露するなど、脇役のキャラクターにも人生があることを思わせるセリフ。

 話を動かすためだけの登場人物がいないので、脇役まで含めて行く末が気になってドラマに引き込まれ、私たちの世界と地続きの話なんだと感じられる。これが野木作品を毎作、毎週見続ける秘密だと思います」