「まさか、あの先生が……どころの意外性ではありませんよ。保護者の人気はナンバーワン。子どもたちには自慢の先生なんですから」

 と、在校生の母親は呆然。

 東京都あきる野市の公立小学校で児童の上履きを隠したとして警視庁五日市署は10月15日、器物損壊容疑で同校の教諭・井上浩一容疑者(38)を再逮捕した。

 上履きを隠す行為が器物損壊にあたるのは、片足だけでは使えなくなるためという。

児童の防災頭巾に「しね」と落書き

 9月26日に別件で逮捕されており、余罪が発覚したかたち。いずれも教職にあるまじき卑劣かつ低レベルな犯行で、児童・保護者らの間に動揺が広がっている。

 全国紙記者が犯行の手口を明かす。

「最初の逮捕は、黒色の油性ペンで、児童の防災頭巾に『しね』、絵の具セットに『きしょい(気色が悪い)よきみ』などと落書きした疑い。わざとひらがなで書いて児童の犯行を装った。

 次は下駄箱から児童3人の上履きの右足用だけを持ち去った疑いで、教員用更衣室の容疑者のロッカーから3足とも発見された」

 落書きについては、

「ほかの教員が仕事をしないので憂さ晴らしでやった」

 などと容疑を認めているが、上履きを隠したことは、

「心当たりがない」

 と否認している。

ほかの教師たちは職務怠慢なのか

「校内に設置した防犯カメラの映像や同僚教師の話などから井上容疑者が浮上した。落書きはあっさり認めながら、自分のロッカーから現物が出てきたにもかかわらず、上履きを隠したことは認めないのが不思議」(前出・記者)

 同容疑者が赴任した約3年前から児童のリコーダーや文房具などが紛失する被害が約100件発生しており、逮捕以降はピタッと止まった。

※写真はイメージです

 五日市署は、その関連を調べている。

 ほかの教師たちは、そんなに職務怠慢なのか。

いいえ。先生たちは、みな一生懸命です。朝早く登校して授業の準備を進め、教室で“おはよう”と児童を迎えます。放課後は、クラブ活動を見たり、テストの採点や児童のノートの分析、ひと言書き添えたり、残業代は1円も出ないのに遅くまで残っている。働き方改革で“早く帰るように”と言われても、“あと少し”などと粘るし、子どもたちへの愛情からやりたがるんです

 と、同小の校長は“見当違い”との見方を示す。