お金に対して「不安」ばかり思い抱いているひとは、ぜひチャレンジを。ちょっとしたことでも、やるのとやらないのとでは雲泥の差が。思いを新たにする年始め。今の行動と決断があなたの貯蓄額を劇的に変えます!

不安からくる買いだめは浪費を招く

 コロナ禍により日常が大きく様変わりした2020年。お金事情にもさまざまな変化が。

外出自粛の影響で外食や旅行などの出費は減ったものの、不安感から食料品や日用品を過剰に買いだめしてしまったという人が多く見られましたね

 と語る、庶民派ファイナンシャルプランナーとして知られる横山光昭さん。不安にあおられての買いだめは家計管理においても非常にマイナスな行動なのだとか。

イラスト/赤松かおり

買いだめるときの心理は、お金がないことの恐怖心と似ています漠然と恐れているので、最初は全然貯蓄がないと焦っていたのに、100万円貯めたら、次はもっとないとダメだと思うようになり結局、不安は解決しない同じように、不安からくる買いだめは、いくらたくさん買っても安心につながることなく、結果、浪費を招くのです

 さらに過剰に買いだめたものは、安心感から使うペースが速くなりがちで、普段よりも消費量が増える。

不安がやや解消されてくると、今度は場所がとられるから早くなくしてしまいたい、といった心理も働きますこれでは本末転倒ですねそうならないためには、まず自分の中で、お金を使う、貯めることへの目標を明確にすることが必要です

 そこで、年初めにぜひ掲げたいのが“1年で100万円貯金”という目標。横山さん直伝のアクションを参考に、さっそく始めましょう!