(左から)大仁田厚と原田龍二
すべての写真を見る

アンチコメントに「死ねるわけねぇ」

大仁田 原田さんもわかると思うけど、今は何かやればネットで叩かれる時代でしょ。こんな商売をしていると、大量に「死ね」って書き込まれることもあるから、極力ネットは見ないようにしてます。

原田 僕も基本的には見ないですね。否定的な書き込みを見たとき、どう感じました?

大仁田「お前のために死ねるわけねえだろ」と思ったね。

原田 そうですよね。そもそも、大仁田さんは危険を伴うお仕事をされてるじゃないですか。いつ死んでもおかしくない。プロレス史上、もっとも流血しているレスラーだと思うんですよ。

大仁田 たしかに、命の危険がある「敗血症」になっても死ななかった。神様が不思議と生かしてくれてるから、今さら顔もわからないやつに死ねって言われてもねえ。

原田 普通の人なら死んでますよね。爆破されても死なないのは、意味がわからない! 

大仁田 でも、あれは危ないんだよ。

原田 そりゃ危ないですよ!(笑)

大仁田 しょっちゅうヤケドしてるし、今は試合する前にPCR検査も受けなきゃいけないし……。いろいろ大変な部分はあるけど、プロレスは最後までやりたい。80歳のおばあちゃんが試合を見に来てくれたり、昔のプロレス少年が子どもを連れて観戦に来てくれたりして、今はそいつらが支えてくれてるからね。

原田 大仁田さんが登場すると、みんなが元気になりますからね。雲間から出てくる太陽みたいですよ! 

大仁田 ずいぶんヨイショしてくれるじゃねえか(笑)。今度、俺とリングに上がってくれよ。

原田 本当ですか!? 絶対に行きます!

原田龍二「本日の、反省」

 大仁田さんを読み解くキーワードは“邪道”。邪道とは言い換えてみれば、唯一無二ということ。本流の人にはまねできない生き方をされてる証拠ですよね。プロレスファンでなくてもその生きざまを目撃している、大仁田厚という表現ですよね。会ってお話しするだけで元気になれるし、もともと前向きな僕でも「落ち込んでる場合じゃない」と背中を押されました。大仁田さんは元気の先輩です!

PROFILE●はらだ・りゅうじ●1970年、東京都生まれ。第3回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞後、トレンディードラマから時代劇などさまざまな作品に出演。芸能界きっての温泉通、座敷わらしなどのUMA探索好きとしても知られている。現在、YouTubeチャンネル「原田龍二の湯〜チューブ!」を配信中!
PROFILE●おおにた・あつし●1957年、長崎県生まれ。1973年に全日本プロレスに入門し、ジャイアント馬場の付き人を経て、NWAインターナショナル世界ジュニアヘビー級王座に就く。40歳で高校入学、2001年に明治大学に入学。同年、第19回参議院議員選挙比例区にて初当選を果たす。プロレスラーとしては2017年に7度目の引退をするが翌年、復帰。“邪道”“涙のカリスマ”として、熱い支持者を持つ。

【取材・文/大貫未来(清談社)】