「2月23日の天皇誕生日の数日前、事前に記者会見が行われます。“秋篠宮さまは眞子さまのご結婚を認める考えを示されましたが、陛下はどのようにお考えなのか”という問いに加えて“国民の間でさまざまな意見があることについてどう思われているのか”といった質問が投げかけられる予定です」

 そう明かすのは、秋篠宮家関係者のひとり。コロナ禍における今後の活動の方針や、ご家族についての質問も盛り込まれているという。ただ、国民の関心は眞子さまと小室圭さんの結婚についての陛下のご見解に集中するだろう。

「昨年11月に眞子さまが出された“お気持ち文書”で“天皇・皇后両陛下も私の気持ちを尊重してくださっている”と綴られました。そのことから、陛下は“温かく見守る”といった表現で、ご結婚を“肯定”されると思います」(皇室担当記者)

 天皇が認められることになれば、3月以降にご結婚問題は一気に前進するとみられる。

「コロナ禍で延期されていた新年行事の『歌会始』が3月に開かれた後、小室さん側が、佳代さんと元婚約者との間にある金銭トラブルについての説明を何らかの形で行うことでしょう。その後、宮内庁が結婚関連の行事予定を発表し、秋ごろに結婚されるのでは」(宮内庁関係者)

 宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、次のような予想を立てる。

「小室さん側から説明があったとしても、その後すぐに結婚に関するスケジュールを発表することはないと思います。秋篠宮殿下は国民感情を大切にされているので、1か月程度はこの説明に対する世論の動向を見る時間が必要だと思います。おふたりが30歳になる10月ごろに結婚されるおつもりなら、『納采の儀』は東京オリパラの期間を避けた7月が妥当でしょう。そうすると小室さん側の説明は5月末、スケジュール発表は6月末というのがタイムリミットかと思われます

 '18年2月の前代未聞の婚約延期からしばらく、秋篠宮ご夫妻は小室さん母子に対して不信感が強かったそう。しかし、昨秋ごろからは“根負け”された形に。

小室圭さん、佳代さん母子。眞子さまご結婚後の生活設計にも注目が集まる

「昨年9月に紀子さまが公表されたお誕生日文書で“長女の意思を尊重する”と、眞子さまのご結婚を暗に認められました。続いて11月末に秋篠宮さまも“結婚を認める”とのご発言があり、小室家に嫁がれることを承認されたのです」(前出・宮内庁関係者)

 それまで結婚問題に悩まれていた紀子さまも“断腸の思い”を経て、娘を小室家に嫁がせることを前向きに考え始められたのだろう。