シワ・たるみ対策OK習慣

 年齢を重ねてもあきらめるなかれ。毎日の積み重ねで対抗!

口角は常に上げる

 たるみの原因の1つは、口元から鎖骨あたりの広い範囲にある広頸筋の衰え。加齢で筋肉が硬くなると、下へ引っ張る力が勝ってフェイスラインにたるみが生じ、口角も下がった状態に。常に笑顔を意識すれば、広頸筋の引っ張りを防いでたるみの予防になる。

スキンケアに「シワ予防」を投入する

 薬機法の改正で“シワ改善”を謳える成分を配合した化粧品が販売可能に。

 代表的な成分に、コラーゲンなどの再生を促す「レチノール」、コラーゲンやエラスチンの破壊を防ぐ「ナイアシンアミド」、ポーラの独自成分でコラーゲンなどの生成時に発生する酵素を阻害する「ニールワン」がある。

 シワが気になりだしたらプラスしよう。

●レチノール
 エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームL 医薬部外品、22g、8580円(編集部調べ)/エリクシール 

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームL
【写真】友利新先生オススメのスキンケア用品をチェック!

 ●ナイアシンアミド
 ONE BY KOSE ザ リンクレス 医薬部外品、20g、6380円(編集部調べ)/コーセー 

ONE BY KOSÉ ザリンクレス

●ニールワン
 リンクルショット メディカル セラム 医薬部外品、20g、14850円/ポーラ 

リンクルショット メディカル セラム