人気児童書原作のアニメ『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(NHKEテレ)は、子どもだけでなく大人もハマり“ネーミングが笑える”“売っていたら買いたい”“人間が痛い目をみる話が面白い”などSNSでも話題に。ユニークな駄菓子や普遍的な悩みや問題が描かれた、ちょっとリアルで怪しい銭天堂の世界とは――。

『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』とは

 幸運な人だけがたどりつける、不思議な駄菓子屋『銭天堂』。店主の紅子がすすめる駄菓子は、その人の悩みにぴったりのもの。でも食べ方や使い方を間違えると……。

 偕成社から刊行されている原作の児童書はシリーズ累計300万部を突破! アニメ版は、昨年9月から放送開始、4月から新作を放送中(NHKEテレ毎週火曜午後6時45分~、再放送:毎週土曜午後5時25分~)

 5月18日(火曜)放送は「おじょうさまココア」(飲むと上品な話し方、立ち居振る舞いになる駄菓子)

個性的なキャラクターたち

紅子

紅子 (C)廣嶋玲子・jyajya/偕成社/銭天堂製作委員会

 『銭天堂』店主。店を訪れた客の願いを察して、のぞみの駄菓子をすすめる。結い上げた真っ白い髪に、古銭柄の着物が特徴

金色の招き猫たち

金色の招き猫たちと墨丸 (C)廣嶋玲子・jyajya/偕成社/銭天堂製作委員会

『銭天堂』の工房で、お菓子作りや箱の組み立てなどの仕事をしている

墨丸

 紅子が飼っている黒猫。紅子とは言葉が通じる

よどみ

よどみ (C)廣嶋玲子・jyajya/偕成社/銭天堂製作委員会

 『たたりめ堂』店主。うらみ、ねたみを抱えた人間にぴったりのお菓子を売る。紅子をライバル視する。見た目は少女だが、声がしわがれている