SNSが好きすぎてクレームが入った

原田 僕は『水ダウ』のクロちゃん回を心待ちにしてるんだけど、放送後の反響はプラスからマイナスまでいろいろあるよね。外野の声はどう受け止めてるんですか?

クロなんでそんなにクズって言われなきゃならないんだろう」って思ってます。きっかけは「歩いて帰る」とツイートしたのに、タクシーに乗ったのがバレたことなんですけど、その日も1時間は歩いていたんですよ。でも足が痛くなってきて、翌日も仕事があるから支障がないようにタクシーに乗っただけなのに……! 

原田 たしかに、奇跡的な確率でバレましたよね(笑)。

クロ そうなんですよ。その結果、SNSのフォロワーはめっちゃ増えたけど、その分文句の数も増えました。ちゃんと「タクシーに乗ります」って言えば何も言われないと思ったら今度は「ウソつけ、今歩いてるだろ!」ってリプが来て、どういうこと!? みたいな(笑)。

クロちゃん 1976年、広島県生まれ。2001年に団長・安田、HIROとともにお笑いトリオの安田大サーカスを結成。ハイトーンボイスが特徴。人気バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』の企画で生まれたアイドルグループ「豆柴の大群」をプロデュースし、高い評価を得る。現在はプロデューサーを解任されアドバイザーに。
【写真】田中圭から冷たい視線を浴びるクロちゃん

原田 あはは! そういうやりとりも含めてSNSを楽しんでいるのかな?

クロ 本当におもしろいです。もともとSNSという文化がすごく好きなので、リプライもほとんど目を通していて「なるほど」と思う声もあったり、文句を言いたいだけの人もいたりして、ひとつのコミュニティーができあがってるんですよね。ただ、批判的なリプライとかは適度な距離を保つようにしてます。

原田 俯瞰しながらSNSと付き合ってるんだね。

クロ でも、SNSが好きすぎてクレームが入ったこともあるんです。

原田 なんで!?

クロ 昔は思いついたことをすぐにツイートしてたんですけど、ツイートの通知をオンにしてる人から「うるせー!」ってリプライされて、最初は無視してたんです。でも、とうとう事務所にクレームの電話が来てマネージャーが対応して「通知を切って」とお願いしても「それはできない」の一点張り。仕方ないから、自分に30分ルールを課して30分ごとにツイートしてます。

原田 え〜、本当は自由な場所のはずなのにね。

クロ ですよね。そもそも僕はアイドルになりたいから、罵詈雑言は望んでないです! 

原田 アイドル!?

クロ はい。大学生のころに松竹芸能のアイドル部に応募して受かったと思ったら、トリオを組まされてネタ見せに行かされて……。事務所に騙されてお笑い芸人になりました。

原田 今では仕事でもドッキリで騙されて……。アイドルは今も目指してるの?

クロ はい。僕の武道館ライブに自分がプロデュースした「豆柴の大群」をゲストで呼ぶのが夢です。僕はみんなに可愛いと思われたいのに、こんなことになるなんて思わなかったですよ。平成が終わるときに“平成最後のモンスター”って言われて、平成で終わるんだと思ってたら“令和最初のモンスター”に変わってました。更新されるなんて聞いてないです。

原田 あはは!