平成から令和にお代替わりして2年余り。祝福ムードで新たな時代を迎えることができたのは、上皇さまが天皇として約200年ぶりの生前退位を選択されたからだった。

「昭和から平成へのお代替わりの際は、昭和天皇の葬儀に関連する儀式が1年間続き、国民は自らの判断で経済活動を自粛しました。それをご覧になった上皇ご夫妻は“再び同じことがあってはならない”と憂いていらしたのです。

 上皇さまは、昭和天皇の崩御から1年10か月後に行われた『即位の礼』の数日前に“喪儀と即位に関する行事が同時に進行するのは避けたい”と述べられたそうです

 そう振り返るのは、ジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

 美智子さまと同世代の渡邉さんは、日本テレビ放送網に入社後、皇室を60年以上にわたって取材し続けている。

皇室を60年以上にわたって取材し続けている渡邉みどりさん

「美智子さまとは『日本記者クラブ』創立40周年記念の会合でお話しさせていただきました。私は、美智子さまのご親戚のひとりと古くから知り合いだったため、そのお話で盛り上がりました。美智子さまからは、私の仕事についても質問していただき、大変名誉なことでした」

 渡邉さんは、'59年に行われた上皇ご夫妻の“ご成婚パレード”や昭和天皇が崩御された際の報道番組で活躍する。美智子さまについての著書は15冊を超え、4月には“終活”をテーマにした『美智子さま いのちの旅―未来へ―』(講談社ビーシー/講談社)を出版した。

「美智子さまの“終活”へのお取り組みからは、私たちも学ぶことがたくさんあります。

 '10年7月ごろ、上皇さまは長年胸に秘められた生前退位のご意向を初めて、ごく一部の宮内庁関係者に伝えられました。“人生の終い方”について、本格的にご家族とお話しされるようになったのは、'12年に上皇さまが心臓のバイパス手術を受けられた後からです」