ものを捨てられないから、家が片づかない……。そんなときに活用したいのがフリマアプリの「メルカリ」。不用品に思えても、サクッと売れるタイミングがあるんです!メルカリの達人に、売れどきの見極め方を聞きました。

「不用品を整理したいけど、捨てられない……」そんなお悩みには、フリマアプリ「メルカリ」を活用するのも手。

「自宅の不用品がスッキリ片づいて、しかも売れたお金が家計の助けにもなります。“これも売れるの?”という発見もあって楽しいですよ」

 そう話すのは「メルカリ」で年間100件以上の取引をし、月10万円を稼いだこともあるフリマアプリの達人、川崎さちえさん。

 でも、家に眠っている不用品が本当に売れるの?もちろん、ただ出品しただけで、売り切るのは難しい。コツは“売る時期を選ぶこと”だ。

「フリマアプリが人気の理由は、“欲しいものがすぐに探せて、安く買えるところ”。購入者は“今欲しいもの”をフリマアプリで探しています。だから、多くの人が欲しくなる時期=売れどきを逃さず出品すれば、初心者でも上手に売ることができます」(川崎さん、以下同)

バブル時代に買ったスカートも売れどき

 例えば、春は新生活に向けた家電やフォーマル衣料、夏はUVケアグッズやアウトドアアイテム、肌寒さを感じ始めた秋に軽い防寒アイテムを売り、冬に向かって厚手のアウターを出品するなど、季節ごとに売れやすいものは変わる。そのポイントを押さえれば、終活を見据えて、昔使っていたものを引っ張り出して売るのもアリだ。

「バブル時代に買ったブランド物のスカーフがたんすの肥やしになっていたら、これからの時期が売れどき!夏はエアコンの寒さ対策や首の日焼け防止に使えますし、秋はちょっとした防寒に使えるので欲しい人が多いはずです」

 内祝いなどでもらった食器セットもガラス製なら夏、鍋用なら冬に売るなど、季節を意識して出品。箱入りのまま出品するとさらに売れやすい。

「昔、趣味でやっていた手芸の材料が残っていたら、それも宝の山。毛糸やハギレなど手芸の材料は需要が高い売れ筋商品なんです。“メルカリ”で材料を買って、手作りしたものを“メルカリ”で出品する人も少なくないので、冬向けの毛糸も夏ごろから売れます。

 夏に材料を買って、できたものを秋、冬に売るからです。手作り品を売る人向けに、毛糸などの手芸材料は、まとめて売ってしまうのがおすすめです」

買値にこだわると売れ残ります!

 一方、売る時期へのこだわりは大事だが、売値にはこだわりすぎないのが得策。

「買ったときの値段を考えすぎると売れません!“買ったときは高かった”という気持ちはわかりますが、不用品として捨てればゼロ円だったものが少しでもお金になればラッキーくらいの気持ちでいるほうが売りやすいですよ」

 では、具体的にいつ、どんなものを売るのがいいの? 次の売れどき早見カレンダーをチェックして賢く売ろう!

こんなものも時期を選べば売れる!

●古い参考書

「受験生は予算的に新品を何冊も買えませんし、内容がよい参考書は発売年が古くても売れます!」(川崎さん、以下同)

古い参考書

●水筒のパッキン

「買い置きしておいた交換用パーツだけ、入園・入学シーズンに出品。あっという間に売れました!」

水筒のパッキン

●草花の種

「特に、珍しい花の種は需要が高い。出品時に咲いた花の写真も載せると売れやすくなります」

草花の種