「引っ越しの挨拶には来てくださったみたいなんですが、奥さんもお子さんもお見かけしたことはないですね」(近所に住む女性)

 駅から10分ほどの、都内の閑静な住宅街で話を聞いても、目撃談はほとんどない。さらに数軒ほど離れると、新築された家の存在は知っていても、家の主は誰ひとりとして知らない。白いスタイリッシュな外観に、子どもと一緒に育てているであろう小さな花壇があるこの場所は、地下1階、地上2階建てのハリウッドザコシショウが建てたばかりの新居である。

このエリアは、徒歩圏内に複数の駅があり、最寄り駅へのアクセスがしやすい便利な場所です。アパートやマンションには若者のひとり暮らしが多いですが、ファミリー向けにも人気のエリア。ザコシショウさんの家は、土地が7000万円ほど、建物が3000万円から4000万円ぐらいで、合わせて1億1000万円ほどだと推定されます」(不動産業者)

自宅とは別にあった作業部屋では……

 都内に1億円超の家を建てるだなんて、優勝しても日の目を見ないことが多い『R-1ぐらんぷり』王者の中では、さすがの売れっ子ぶり。

ハリウッドザコシショウ●1974年生まれ。大阪NSC11期生。'92年、お笑いコンビ・G☆MENSとしてデビュー。'02年、解散後はピン芸人として活動。'16年、R-1ぐらんぷりで優勝を果たした。

「ザコシショウさんのネタは、大きな声や大げさな動きが特徴です。古畑任三郎のキャラクターに扮した漫談での“ハンマーカンマー”のフレーズや、R-1の優勝ネタでもある、人物の特徴を誇張して表現する“誇張モノマネ”で知られていて、R-1優勝後はお笑い番組で広く活躍しています」(お笑いライター)

 引っ越し前はマンション住まいだったザコシショウ。家族と暮らす自宅とは別に“作業部屋”も持っていた。

当時の自宅マンションから徒歩1分の場所に、家賃8万円ほどのワンルームを借りていました。ここでは、ネタづくりや動画配信などを行っていて、家庭と仕事はしっかり分けていたようです」(テレビ局関係者)

 作業部屋のマンションもすでに引き払っているが、それにはザコシショウらしい理由があって……。