全身隙間なく埋め尽くされたタトゥーに濃いアイメイク、派手な髪色が印象的な飯島くうがさん(28)。首元には「StayGold(輝き続ける)」のタトゥー。腹部には最強の運をもたらす五黄の寅……全身は洋彫りと和彫りが入り交じりながらも、独特の調和を保っている。

「タトゥーは、10年前から入れ始めました。全部で480万円くらいかかったかな。過去には、とあるカメラマンさんの作品のモデルになり、そのときの写真が個展に出展されて、写真集になったこともあるんですよ」

 一見コワモテだが、口調は穏やか。話がタトゥーに及ぶと思わず笑みがこぼれる。

「お気に入りは、足の甲のバラのタトゥー。唯一、母親がきれいと言ってくれたものなんです」

 愛おしそうに足の甲を撫でる。セクシー女優としても人気のくうがさん。彼女の半生は、常人では想像しえない波乱に満ちたものだ。

複雑な家族関係、母親との確執

 両親の離婚、育児放棄、祖母が起こした猟奇的な殺人事件、中学時代の家出、違法薬物と2度の逮捕、度重なる中絶、レイプ被害──。

「波瀾万丈と言われるけど、私にとっては、日常だったんですよね」

 その“日常”の背景には、複雑な家族関係、母親との確執、そして深い孤独があった。

 1993年、神奈川県横浜市内で生まれた。母親のMさんは20歳でくうがさんを出産、ほどなくして離婚した。母親は幼い娘を連れて、平塚市内の実母Oさん宅に移り住む。くうがさんの祖母Oさんは、当時、娘のRさん(実母Mさんとは異父姉妹)と暮らしていたため、三世代にわたる女4人での生活が始まった。

 くうがさんが小学校1年生のとき、母親は、祖母との些細な口論がきっかけで家を飛び出してしまう。

「そのころの母親は、まさに“女”って感じ。服装も派手だし、お化粧もバッチリ、みたいな。当時の母は今の私とほぼ同い年、母であるより女でいたいと考えるのも、理解できなくもないですが……

 詳細は後述するが、紆余曲折を経て、中学1年生のとき、再び母Mさんと暮らすのだが、同居前から根深い確執があった。

「母親をすごく恨んでました。思春期には、あえて相手の嫌なことを言ったり。一時は籍を抜く、抜かないの話にもなりました。実は去年も大ゲンカをして……絶縁していたんです。そのころ、顔にもタトゥーを入れました。顔に入れたのは、母親が“そこだけは入れないでくれ”って言ったから……」

母親との確執から左目の下に入れた『SAD(悲しみ)』というタトゥー

 くうがさんの左目の下、ちょうど涙が流れる場所にあるタトゥーはSAD(悲しい)と描かれている。