自宅に到着するなりいきなりパトカーへ

 あの日、賢二さんのもとに一報が届いたのは、東北新幹線・新白河駅(福島県)の上りホームだった。勤めていた会社の出張で出席した会議の帰途で、一緒にいた部下の携帯電話を通じて会社から連絡が入った。

「ご自宅で火事が起きたようです」

 ひょっとして妻が起こした失火だろうか。そんな不安に苛まれ、飛び乗った新幹線のデッキから電話をかけまくった。

 ようやく妻の友人宅につながった電話で、順子さんが病院へ搬送されたことを知る。その病院に電話をかけ、名前を名乗ると、電話口の声が女性から男性に変わった。

 不吉な予感がした。

「実はお嬢さん、病院に到着したときにはすでに亡くなられていました」

 東京はその日、雨が降っていた。柴又の自宅へたどり着いたころはすでに暗くなっており、周辺にはパトカーや消防車、救急車が止まっていた。二重三重の人垣をかき分けて「小林です」と名乗り出ると、屈強な男性にパトカーの中へ引きずり込まれ、車内でこう告げられた。

「お父さんよく聞いてください。順子さんはただの事故死ではありません。何者かに殺されました」

 ここで初めて「事件」だと知った。そのまま亀有警察署へ連れていかれ、すぐに事情聴取が始まった。

何度もメディアに聞かれたであろうあの日の出来事を話してくれる賢二さん。「犯人が捕まるまで何度だって話しますよ」 撮影/北村史成
【写真】焼け跡から見つかった、幼きころの順子さんの写真

 順子さんの遺体が見つかったのは、2階にある賢二さんと妻の和室だった。口を粘着テープでふさがれ、首には複数の刺し傷。小型刃物が使われたとみられるが、現場で犯行に使われた凶器は見つかっていない。

 両手は粘着テープで、両足はストッキングでそれぞれ縛られ、遺体には布団がかけられていた。着衣に乱れはなく、死因は失血死とみられる。

 順子さんはすすを吸っていなかったことから、犯人は殺害後、証拠隠滅のために火を放った可能性がある。

 2日後に米国留学を控えていた順子さんの自室には、旅行カバンやリュックサックが用意されていたが、物色された形跡はなく、トラベラーズチェックや現金など14万円相当は手つかずのまま。

 順子さんは、賢二さんと母、幸子さん、姉の4人暮らし。その日は姉も仕事で外出しており、幸子さんは午後3時50分ごろ、パート先の美容院へ出かけ、順子さんは1人になったところを襲われた。

 火災の119番通報があったのは午後4時39分で、犯人は49分以内という短時間で犯行に及んでいたのである。

 米シアトル大学への留学を心待ちにしていた順子さんの身に、一体何があったのか。