ニベアクリームと〇〇を混ぜるとシミが消える」といった虚偽広告がネット上で出回っている事態をめぐり、12月3日にニベア花王が公式ツイッターで注意喚起を投稿した。

 同社はニベアの名前を使った悪質なネット広告への関与を否定し、《他の製品を混ぜると、ニベアクリーム本来の特長や成分の働きなどがそこなわれてしまう可能性があります》と呼びかけている。

私も同様の広告を目にしたことがあります。なかには明らかにレーザー治療をした患者の画像を使って、商品のシミ消し効果を騙っているような広告もありました

 そう教えてくれたのは、うるおい皮ふ科クリニックの院長、豊田雅彦先生。

お話を伺った豊田雅彦先生

 冒頭で紹介したような虚偽広告以外でも「化粧品と〇〇を混ぜて使用すれば美容効果アップ!」といった情報はネットやメディアなどでも度々拡散されており、誤った情報を鵜呑みにした患者から肌トラブルの相談を寄せられることも多いという。

私も化粧品の開発を手がけていますが、別の商品と混ぜて使われてしまうと、どんな化学反応が起こるかわからないので、ゾッとしますね」(豊田先生、以下同)

 そもそも異なる化粧品を混ぜて使うことには、どのような問題があるのだろうか。

第1に化粧品本来の機能が低下してしまうことが考えられます。化粧品を製造販売するためには国の厳しい認定が必要で、単体で使用することが最も効果的にも品質的にもベストな状態です。

 そこに何かを混ぜてしまうと、成分が変化して品質が劣化したり、効果が薄れたりするだけでなく、肌トラブルの原因になってしまうこともありえます

 とはいえ、化粧水のあとに乳液、クリームを順に使用したり、スキンケアのあとに日焼け止めを塗ってから化粧をしたりする“重ね塗り”は一般的によく行われる。このような方法も危険なのだろうか。

ひとつの商品を肌につけたうえで次の商品を使うという方法であれば、基本的には問題ありません。ひとつひとつの商品を順序だてて使用する重ね塗りと、事前に混ぜ合わせて成分が変化した化粧品を使用することとは大きな違いがありますね