手足などの冷えがつらい季節。暖房を強くしたり厚着をしたりしても冷えがとれない、夜眠れない……。

 そんなときは身体をじっくり温める「温活」を試してみてはいかがでしょうか。

 今回は、薬膳食材を使った温活レシピで冷え知らずの身体づくりをしている、知性派タレントの麻木久仁子さん(59)にお話を伺いました。

大病きっかけで薬膳に出会う

 麻木さんが実践している温活は、食事によって内側から身体を温めるというもの。

 温活の大切さを実感したのは、10年ほど前に経験した2つの大きな病気がきっかけだったという。

「48歳のときに脳梗塞、その2年後に乳がんを発症。それまでは、体力に自信があって元気がとりえだったのですが……。何がいけなかったんだろうと健康を見直す中で出会ったのが、薬膳による温活でした」(麻木さん、以下同)

麻木さんはタレント以外にも、薬膳師や温活士の資格を活かして活動している

 その後も温活を続け、すっかり健康を取り戻したという。

「病気になって最初に見直したのが食事でした。というのも、若いころは子育てと仕事の両立にてんてこまい。

 台所で立ったまま食事をすることもあれば、時間が不規則な仕事の合間や早朝とか深夜に揚げ物メインのお弁当を食べることも……。

 子どもの食事には気を使っても、自分の食事の栄養バランスまでは配慮しきれませんでした。

 また、私がちょうど病気をしたころ、娘も高校を卒業して食べ盛りを過ぎたので、家での食事について『量より質』を考えるいいタイミングでもあったんです」

 そんな中で興味を持ったのが薬膳だった。

「薬膳は『食べてはいけないものがない』というのがいいなと。甘いお菓子からお酒まで、あらゆる食材にそれぞれの力があるという考え方なので、食べることを楽しみながら身体を大切にすることができる、無理なく続けられる養生だと思ったんです」