「バカ……」

 髪を短く切りそろえたボーイッシュな少女が、おどける恋人を見て、思わず呟く。

 当時15歳だった深津絵里が出演したJR東海のCM『クリスマス・エクスプレス』編のワンシーン。彼女が再び同社のCMに出演したことで話題となった。

「1月16日に放送されたTBS日曜劇場『DCU』第1話の放送枠で突然、深津さんが登場するCMが流れたのでビックリしました。かつてJRのCMに出たのは約33年前のことです。NHKの朝ドラには出演していますが、『DCU』に出ていないし、なんでこの枠なんでしょう。CMを見て“えっ、深津絵里!?”って一瞬、目を疑いました」(テレビ誌ライター)

深津絵里は“年をとらない”

深津絵里が'88年に出演したJR東海のCM

 放送中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、約13年ぶりの連ドラ出演になる。今年1月に49歳となった深津だが、演じているのは18歳の役だ。

ラジオ英語講座をテーマに、3世代にわたってドラマが繰り広げられます。最初は上白石萌音さんが出演し、今はその娘役を演じる深津さんが主演の“るい”編が放送されています。18歳役の深津さんですが、まったく違和感はありません。彼女は年をとらないんでしょうか……」(同・テレビ誌ライター)

 雪のように透明感のある白い肌と、老いを感じさせない可愛らしい容姿の深津だが、デビュー当初は違っていた。

「'88年公開の『1999年の夏休み』という青春映画で、深津さんは短髪で男の子役を演じているんです。映画の登場人物は4人の男の子だけなのですが、実は全員、女の子が演じていました。今でこそ“大女優”の深津さんですが、デビュー当時の初々しい姿は新鮮ですよ」(スポーツ紙記者)

 '97年には、ドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)に出演。'10年の映画『悪人』では、モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞するなど、女優として着実に存在感を示してきた。

 朝ドラの熱演も好評だが、そんな深津の魅力はどこにあるのか。『みんなの朝ドラ』(講談社)などの著書がある木俣冬さんは、

深津さんというと、私は舞台での演技がとても印象に残っています。人間の中にある混沌とした感情を、本当に巧みに表現されるんです。萩尾望都が原作の舞台『半神』では、身体がつながって生まれてきた結合性双生児役を演じたのですが、離れたくても離れられない苦悩を。坂口安吾の小説を下敷きにした『贋作・桜の森の満開の下』では、すごく無邪気に残酷なことをする美しいお姫様役を演じるなど、“善”と“悪”、“光”と“闇”で切り分けられない“感情”を見事に演じるのです

 その演技は、朝ドラでも発揮されているという。

「つらい体験をしながらも、新天地で明るさを取り戻していく“るい”ですが、ときに“憂い”が顔をのぞかせます。母親を嫌いで憎んでいるのか、大好きで寂しい気持ちなのか。ひとりの人間としての心の揺れを本当に繊細に表現されており、見ているほうも気持ちが震えます」(木俣さん)