《わたくしヒカキンをフォロー&この投稿をリツイートで【総額150万円分】Nintendo Switch有機ELモデルを40名様にプレゼント》

 1月28日、“#ヒカキンスイッチプレゼント”のハッシュタグとともに、自身のツイッターを更新したヒカキン。すると6日経った2月3日には、この“固定ツイート”は早くもリツイート127万件超えと驚異的なスピードでカウントされているーー。

 1月1日放送の『逃走中 元日3時間SP』(フジテレビ系)にて唯一、逃走成功を達成したヒカキンは賞金150万円を獲得。その使い道の詳細をツイッターと、YouTubeチャンネルにて発表したのだった。

《年末年始で少しの間、普通に買える期間があったんですよ、有機ELモデルも。で、“お1人様1個まで”っている制限はあったんですけど、スタッフさんとかUUUMの社員さんとかで、みんなで1台ずつ買って、しっかりと購入したものです》

 賞金150万円を使って1台37,980円の最新型ニンテンドースイッチを40台購入し、動画視聴者やフォロワーの中から抽選で40名にプレゼントするという大型企画。ヒカキンのツイッターをフォローし、冒頭のツイートをリツイートするだけで応募完了となるだけに、希望者がこぞって“応募リツイート”をしているわけだ。

“買い占め行為”にマナー違反の声

ニンテンドースイッチ40台を求めて“応募リツイート”が殺到中(公式ツイッターより)

 ところが、彼が明かした人気ゲーム機40台の入手経路にネット上では懐疑的な声も向けられた。というのもーー、

「仮に40台の新型スイッチが任天堂から動画用のプレゼントとして充てがわれた、または同社に直接発注したものであれば批判は生まれなかったのかもしれません。

 しかし、年末年始という需要が最も高まる時期に、ヒカキンは“お1人様1個まで”の個数制限がかけられた一般店舗にスタッフを動員して買い集めた、というような物言いをしています。つまりは彼がプレゼント企画のために、“1人で40台を買い占めた”ことから、その手法が“転売ヤーと同様の行為”と見られたのです」(Webニュースサイト・編集者)

 都内の大手家電量販店を訪ねてみると、現在は流通こそしているものの《お1人様カラーに限らず1点までとさせていただきます》との個数制限がかけられ、「ネオンブルー・ネオンレッド」カラーは品切れになっていたスイッチ。確かに、年末年始にクリスマスプレゼントやお年玉での購入を考えていた消費者にとって、ヒカキンの“買い占め行為”はマナー違反に映ったとも考えられよう。

 それにしても、2021年12月18日にも《【破産】iPhone13を1000万円分買ったので全部プレゼントしますwww【ヒカキンTV プレゼント企画】》として、同様に199万件もの応募リツイートをされたヒカキン。をこの時は『Hikakin TV』のチャンネル登録者が1000万人を超えたことへの感謝としていたが、なぜ立て続けに“ばら撒き”企画を実施するのか。