日本では60歳以上の約6割が変形性膝関節症を患い、ひざ痛の約9割がこの変形性膝関節症といわれる。厚生労働省は、国内での患者数を、自覚症状のある患者数で約1000万人、潜在的な患者数(エックス線診断による患者数)で約3000万人と推定している。

日本人は座っている時間が世界でいちばん長い

「変形性膝関節症は、ひざ関節の軟骨がすり減ることによって痛みや腫れを起こす病気です」

 と、教えてくれたのはアスリートゴリラ鍼灸接骨院の高林孝光院長。

 そもそもひざの痛みの原因は、ひざ関節の軟骨がすり減る際に出る摩耗粉という軟骨のカスが滑膜(ひざ関節全体を包む関節包の内側にある膜)に付着し、炎症性サイトカインという物質を分泌することによるものだ。

ひざ痛が起きるメカニズム

「炎症性サイトカインは本来、細菌やウイルスなどの異物を退治する役割をしていますが、摩耗粉も異物と認識してしまい、滑膜に炎症を起こして痛みを生じさせます」(高林院長、以下同)

 大部分のひざ痛の原因が、ひざ関節内の滑膜の炎症にあるため、本来はその炎症をとらない限り、痛みが継続したり、ぶり返したりするのは当然だ。

 しかし、整形外科でのひざ痛の治療の中心は、鎮痛剤と抗炎症薬(痛み止めと湿布薬)という対症療法であり、ひざ痛そのものを治す治療ではないのが現状だ。このような治療が中心なのは日本だけで、海外ではひざ痛の治療は運動療法が中心で多少の痛みが伴ってもできるだけ身体を動かす方針をとっている。

「ひざが痛いのに運動?」というこれまでの治療法(イラスト/長田直美)

「豪・シドニー大学の調査によると日本人は座っている時間が世界でいちばん長いといいます。ひざを動かす機会が少ないことは、ひざに栄養と酸素を運べないことにつながり、これも痛みを誘発する原因のひとつでもあります」