長引く寒さとおうち時間の急増で今、鍋つゆの素が売れている。さっぱり、コクあり、和洋中と、どれも魅力的で迷ってしまう……。ならばとジャッジをお願いしたのは、今月2日に最終回を迎えた「NHKガッテン!」の料理チームのおふたり。

“鍋つゆの素”ランキング

 今回の評価ポイントは3つで、1つ目は期待裏切らない度。パッケージや商品名どおりの味を楽しめるかどうかが採点基準だ。

有名店の名前がついているものも多いので、その店の味を求める人や、『◯◯鍋』や『本格◯◯味』のようなうたい文句に惹かれて購入する人たちの期待を裏切らないことが大事だと思います

 2つ目はアレンジ力

鍋つゆの素はいろいろな具材に合う味なので、鍋以外の料理もおいしくしてくれる万能調味料という側面も。シニア2人暮らしとかだと一度に使いきれないことも多いので、残った鍋つゆを別の料理に使いやすいかどうかも採点しました

 3つ目は入手しやすい度。スーパーではあまり売っていない商品もあるので、入手難易度を編集部が調査した。

 では、鍋つゆの素ランキング、さっそくスタート!

【採点方法】2022年1月のある週の楽天市場売れ行き上位20品を採点。石川さん、おおつきさんに加え、編集スタッフ2名も消費者目線で参加。「期待裏切らない度」、「アレンジ度」は★1つにつき2点、「入手しやすい度」は★1つにつき1点で計算し、3つの合計点でランキングを作成。

第1位 ダイショー『CoCo壱番屋監修チーズカレー鍋スープ』/13.5点

《3〜4人前(750g)300円》

ダイショー『CoCo壱番屋監修チーズカレー鍋スープ』3〜4人前(750g)300円(撮影/山田智絵)

期待を裏切らない度 ★★★
アレンジ度 ★★★
入手しやすい度 ★と★半分

 1位は意外にもカレー鍋この味は鉄板のおいしさ!

「昔ながらのだしの効いた和風鍋を抑えてトップになったのは、意外にもカレー鍋! チーズのまろやかさが辛さを包み込んでいて、子どもからお年寄りまで、みんなが喜ぶ味。それでいてスパイス感もちゃんと残っているのはさすがのひと言。

 辛さを求める人はクミンパウダーや粉唐辛子で自分好みに調節しても。じゃがいもやさといもなど、ひとつの食材だけを煮てもおいしく仕上がる。

 カレーうどんのスープにもぴったりだし、焼いたお餅も合うはず」(石川さん&おおつきさん、以下同)

●アレンジするなら……残ったスープに揚げパンをつけて味わう

残ったスープに揚げパンをつけて味わう(撮影/山田智絵)

 揚げたバゲットを鍋スープに浸して、カレーフォンデュ風にシメても。極薄スライスの玉ねぎをのせて食べると、口当たりさっぱり。