NHK「みんなのきょうの料理」「おはよう日本」「趣味どき!」などに出演し作家としても活躍する料理家・樋口直哉さんが、「ふつうの材料で、最高においしい家ごはん」として料理の新常識を提案します。書籍『ぼくのおいしいは3でつくる 新しい献立の手引き』から一部抜粋、今回は親子丼の作り方を紹介します。

究極的に食べやすい親子丼の条件

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 建築家には料理好きな人が多いそうです。料理の工程を「材料を切り揃え、調理し、組み立てる」とすれば、建築は「材料を加工し、特に熱やアルカリなどで反応させながら、組み立てる」と定義できるので、似ている部分があるからかもしれません。

 ある講演で料理と建築の共通点について、建築家の隈研吾さんがこんなふうに語っています。

「環境を構成する粒が揃っていて、同じ大きさであるということが、なぜ生物にとって気持ちよいのか、ということについて、中華料理のことを考えるとよく分かります。中華料理には美味しさの大原則があります。それは、具材をすべて同じ大きさに切ることなのだそうです。(中略)実は日本の丼物の原則も同じです。日本の丼物は、日本料理の中で唯一具材の大きさを揃えます。カツ丼でも何でも、具材をどのぐらいの大きさに切るかということが大切であり、それは、丼物はかき込んで食べるからなのです」
(隈研吾「キノコと建築」2010東西アスファルト事業協同組合講演会)

 親子丼について考えるとき、ぼくはいつもこの話を思い出します。ご飯の粒子に対して、鶏肉はどんな形状であるべきか。例えばぶつ切りにした鶏肉を丼に仕立てても、心地よくないでしょう。究極的に食べやすい親子丼とは? そう考えると鶏は「そぼろ」に行きつきました。

 鶏そぼろは米の粒子やテクスチャーに寄り添う形状をしています。ポロポロのそぼろに出汁を含ませた卵で一体感をもたせ、ご飯と一緒に食べれば「止まらない」状態になるはず。