『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)のレギュラー放送が終了した。

木下ほうかの好感度を上げた美談

 ミニドラマ形式で、トラブルメーカーが懲らしめられる話などを描くこの番組はある意味『水戸黄門』(TBS系)の現代版。同じ月曜8時台で人気を博し、ここからブレイクした者も少なくない。

 そのひとりが「イヤミ課長」を演じた木下ほうか(58)だ。悪役だがどこか憎めないキャラがウケ、決めゼリフの「はい論破!」は流行語大賞にもノミネートされた。最終回にはスタジオに登場して、

「感謝しかないですね。なんか、さびしいなぁ。育ててもらったような気がして」

 と、涙を流す場面も。ハリセンボンの近藤春菜から「一瞬でもウソ泣きだと思ってごめんなさい」とツッコまれ、絶妙な笑いが生まれていた。

 が、その2日後、ふたりの若手女優への性加害疑惑が報道されることに。記事によれば、演技指導などを名目にパワハラ的な性行為をしていたという。脇役として引っ張りだこだったが、山下智久の主演ドラマ『正直不動産』(NHK総合)は降板。事務所からも契約を解除された。

 それにしても、ブレイク番組が終わった直後に現実でも悪役になってしまうとは──。なんとも劇的な展開だが、この人にはもうひとつ劇的な話がある。

 2017年、ACジャパンの日本骨髄バンク支援キャンペーンcmに出演。骨髄提供を行っていたことがわかった。ドナー登録を決意した理由については、インタビューでこんなエピソードも明かしている。

「大学時代に同じ演劇科の同級生だった女性と4年間付き合っていたんですけど、のちに彼女が急性骨髄性白血病で亡くなってしまって……。まだ29歳という若さでした」

 この「美談」はブレイクをさらに揺るぎないものにした。かつての八名信夫や近年の遠藤憲一などもそうだが“実はいい人”というギャップが悪役系の役者の好感度を爆上げするからだ。