春になっても寒暖差の影響でなかなか改善しない「冷え」、月経由来の鉄分不足による「貧血」、また、女性ホルモンの乱れからくる「肌あれ」や「不妊」といった女性特有の悩みが温泉につかることで改善できるとしたら朗報だ。

「長年、温泉を巡っているおかげで冷えや肌あれとは無縁です。以前、婦人科系の病気で手術をしたのですが、そのときも湯治をしたことで傷の治りが思ったより早かったです」という温泉エッセイストの山崎まゆみさんが“女に効く”温泉をピックアップ。

 不調の改善だけでなく、非日常感を味わって気分をリフレッシュするためにも、温泉での休日を過ごしてみてはいかが。

【冷え】“万年冷え”を炭酸&硫黄泉で改善

金山町温泉「せせらぎ荘」(福島県)

大黒湯は神経痛、筋肉痛、高血圧などの改善も期待できる

 奥会津の金山町温泉は、周囲を森と湖に囲まれた、まるで妖精が出てきそうな里に湧き出ている。そんな金山町温泉の保養施設「せせらぎ荘」は、100%源泉掛け流しの天然炭酸温泉が人気の日帰り温泉施設だ。

シュワシュワ炭酸泉が血管を広げて血行促進

 大浴場の大黒湯は39・5度という低温なので、身体に負担がかからずじっくりと温まるのがいい。シュワシュワのサイダーのような炭酸泉が体内に浸透すると、指先の毛細血管の血行までよくなる。 また、敷地内には玉梨温泉という炭酸ガスが溶け込んだ町の共同浴場もあり、2つの温泉を楽しめるのもポイント。

玉梨温泉は45.9度とあつあつの源泉が湧く。シュワシュワしないが炭酸ガスが溶け込んでいるのでしっかり温まる

「私が以前、金山町温泉を訪れたのは2月でした。日中でも気温が氷点下の時期で、ブルブル震えるほどの極寒でしたが、大黒湯に入ったところ、文字どおり身体の芯から温まりました。そのあと玉梨温泉にも入ったら身体がほてって夜眠れなくなったほどです(笑)」(山崎さん、以下同)

住所:福島県大沼郡金山町大字玉梨字新板2049-1
電話番号:0241-54-2830
営業時間:9:00~21:00 無休
料金:大黒湯は大人500円。玉梨温泉は大人200円
アクセス:JR会津川口駅より路線バスで約10分

草津温泉「奈良屋」(群馬県)

八代将軍・徳川吉宗が汲み上げて運ばせたと伝わる「御汲み上げの湯」。切り傷、皮膚病、神経痛なども改善

湯冷めも防ぐ硫黄泉で身体がヌクヌクに

 草津温泉といえば思い浮かぶのが、大量の湯けむりが舞う湯畑。そのそばに建つ「奈良屋」は、湯畑の近くで湧出する白旗源泉を引く宿。この源泉は源頼朝が発見して入浴したという、草津温泉の中でも特に伝統と歴史に彩られた源泉だ。

 刺激の強い強酸性硫黄泉だが、湯守という名の職人が源泉を寝かせて温度を調整し、さらに湯もみすることで成分を均一にして、温泉の効果をアップ。

「炭酸泉と並んで冷えに効果があるのが硫黄泉。温泉に含まれる硫化水素が、末梢神経の血液の流れを高めてくれるので冷えを改善し、短時間の入浴でもしっかり温まります」

住所:群馬県吾妻郡草津町草津396
電話番号:0279-88-2311
料金:2万9150円~(1泊2食付き・2名1室1名の場合)
※日帰り入浴可
アクセス:草津温泉バスターミナル下車、徒歩約5分