コロナ禍でのさまざまな制限もなくなり、街に人の流れが戻ってきた。それと同時に浮き彫りとなってきたのが百貨店や飲食店といったサービス業の女性従業員らに対するセクハラやパワハラ被害だ。中には性被害を受けるケースも……。被害女性たちはその苦しい胸の内を明かしたーー。

性被害の声も

 今年2月下旬、百貨店の美容部員がSNS上に投稿した問題提起が話題になった。

《実は美容部員、特にデパートで働く販売員はストーカー被害を受けることがめちゃくちゃ多いんです。もちろん99・99%の男性は自分用またはプレゼント用で買いに来られている方なのですがいったんこういう現状もあるんだなあってことで聞いてください(一部抜粋)》

 投稿は大きな反響を呼び、13万以上のいいねを集めた。すると、サービス業、接客業など同じ職業に就く女性からも、顧客から受けた被害を訴える声が相次いだのだ。

 販売員だけでなくサービス業の女性たちは本誌にも自らの被害経験を打ち明けた。占い師のららさん(仮名)も過去にあった被害を訴える。

「男性のお客様からストーカー被害も受けました。鑑定中に電話番号を聞いてきたり、手相を見るときや会計時に手を握ってきたり……。帰ろうとしたとき、従業員出口の前で待ち伏せされていたことも何度もありました。高圧的な態度の方や鑑定内容が気に入らないと怒鳴ってくるお客さんにリピートされたときは精神的に参ってしまいました」

 心身共に疲れ果てたららさんは店を辞めた。

 大型量販店の衣料品売り場で接客を担当する洋子さん(40代・仮名)も冒頭の投稿に共感したひとり。

「私たちのフロアも女性従業員が多い。男性のお客様のほとんどは自分や家族のものを購入しに来店されていますが問題のある方も……」

 下着売り場を担当していたとき、何を買うわけでもなく売り場をうろつく男性客に遭遇したことがあった。

「純粋な買い物かわからなくて、モヤモヤしました。それに売り場で盗撮や痴漢被害に遭った女性の同僚もいます」

 洋子さんは上司に訴えたが、「警備員の巡回を強化する」と言われただけ。根本的な解決にはならなかったという。

「私は正社員ですが、売り場の従業員の多くは契約社員やパート。嫌なことをされても上に言えば面倒くさいと思われ契約更新されないのでは、とみんな悩んでいます」(洋子さん)

 性被害を受けたのは洋子さんの同僚だけではない。飲食店従業員の麻衣さん(仮名・40代)は重い口を開いた。

「私は雇われママで、1人で店を切り盛りしています」

 店はカウンター席のみ。週末など忙しいときなどは知り合いに接客を手伝ってもらうこともあるが、基本的に店には麻衣さん1人。

「最初の緊急事態宣言が明けた直後でした。コロナ禍前までとはいきませんでしたが、うちの店にもお客様が戻ってきていたんですが……」

 ある日、外出自粛でたまったうっぷんを晴らすようにむちゃな飲み方をしていた男性の常連客がいたという。

「その人は営業時間が終わってもまだ居座っていて……常連さんなのでむげに帰ってくださいとも言えなくて……」

 閉店時間から1時間以上がたったので帰宅を促す麻衣さんに男性は無理やり性的な関係を迫ってきた─。

「抵抗し、未遂でした。被害を訴えれば変な噂が広まって他のお客さんにも影響があるかもしれないし、オーナーから退職を促されるかもしれない……誰にも相談できず……」

 麻衣さんは泣き寝入りせざるをえなかった。事件後も普段どおりに店頭で接客している。だが、泥酔状態の男性客が閉店時間まで1人で残っているとあの日のことが蘇り、苦しくなると明かす。