「今回の服装は、優美でありながら軽快さがあり、若々しい成年皇族としての佳子さまらしさを感じました」

 皇室のファッション事情に詳しい青木淳子さんは、佳子さまの最新“公務ファッション”についてこう評価した。

“今風”のコーデと皇族の自覚

 5月7日、秋篠宮家の次女・佳子さまが「森と花の祭典『みどりの感謝祭』」にご出席。宮中行事やご参拝などを除き、実際に行事の会場へ足を運ばれたのは、実に2年3か月ぶりのことで、その華やかな姿にも注目が集まった。

「立体的な草花のモチーフをつないだワンピースに、ピンクのジャケットを羽織って、パールのネックレスとイヤリングを合わせた装いです。歩かれるたびにスカートやジャケットの後ろが揺れる、動きを感じさせるデザインでした。

 髪型はハーフアップして毛先をカールさせ、佳子さまのおしゃれな感覚が表れていたと思います。スカートの長さが絶妙なひざ丈なのも、凝っていて“今風”です。髪型も相まって、自身の個性を表現されていましたね」(青木さん、以下同)

 その装いからは、内親王としての自覚も感じたという。

「今回のジャケットは、'19年9月にブダペストを訪問された際と同じものだとお見受けします。戦前から、皇室の方々は、行事ごとに洋服を新調するのではなく、工夫しながら着回して、長く大切に使われてきました。佳子さまの今回の装いからも、皇族の一員としてのご自覚を感じました」

 一方で、佳子さまと交流した男性は“醸し出すオーラ”に触れたと熱弁する。