アメリカのジョー・バイデン大統領が5月22日夕方、専用機エア・フォースワンで来日しました。

 今回の来日の目的は、海洋進出に野心を見せる中国の脅威をどう防ぐかです。 

 5月23日14時過ぎ、日米首脳による共同記者会見が開かれました。その場で岸田総理は「中国の力による現状変更の試みに強く反対し、防衛費の相当な増額を確保する」と宣言し、バイデン大統領も支持しました。

 安倍元総理の側近である山田宏・元防衛大臣政務官は「GDP比2%が急務。現状では自衛隊舎も修繕できず、隊員の待遇が大問題だ。部品購入への皺寄せが多大となっている。発射台や戦闘機はあれど、ロケット・ミサイルが買えない。継戦能力に欠け、苦戦を強いられているロシアの二の舞いとなる」と赤裸々に語っています。

 佐藤啓・前経済産業大臣政務官は「最新鋭の防衛装備は、米国に依存している。自国で賄えない現状は危機的だ。防衛産業の保護と振興に正面から取り組むべきだ」としており、会見の方針が日本の防衛を大きく前進させる事を物語っています。

 24日には、日米とオーストラリア、インドの枠組み「クアッド」の首脳会談が開かれました。共同声明では、5Gやバイオ技術で官民が連携し「軍民融合」の中国への対抗策が打ち出されました。松川るい防衛大臣政務官は「極めて重要な会談。自由で開かれたインド太平洋と安心安全な技術のサプライチェーンを作ってもらいたい」と、ゲームチェンジャーになり得る会談としています。

 23日夜には、岸田総理と東京白金の「八芳園」で非公式の夕食会をともにし、親睦を深めたとのことです。

 実は岸田総理、バイデン大統領が属するアメリカ民主党とはそもそも親密な関係にあります。

 3月26日総理は、エマニュエル駐日アメリカ大使と連れ立って原爆死没者慰霊碑に献花しています。

 核兵器の使用が懸念されるロシアのプーチン大統領を念頭に、核廃絶をアピールした訳です。

 実はこの光景からは2016年、アメリカ大統領として初めて広島を訪れたバラク・オバマ大統領に、外務大臣時代の岸田氏が原爆ドームの説明をした姿が思い起こされます。

 原爆を落とした側の米国の大統領が、被災地を訪問した事実に世界が驚きました。

岸田文雄総理

 私はこの出来事はオバマ大統領が、岸田外相に花を持たせ、“ポスト安倍総理”に相応しいと示したと理解しています。

 これは、オバマ大統領に副大統領として重用されたバイデン大統領、首席補佐官だったエマニュエル大使と、現在に至るまでの強固な関係を物語っています。

バイデン政権と岸田政権が“一蓮托生”な理由

 そのバイデン大統領の支持率ですが、低迷の一途をたどっています。

 AP通信が今月中旬実施した世論調査によりますと、バイデン大統領を支持すると答えた人は39%と、先月から6ポイント下がり過去最低を記録しました。就任した直後は61%でした。

 バイデン政権の凋落は岸田総理にとっても他人事ではありません。

 私がそう考える理由は、日本とアメリカの政権の「カップリング」にあります。

 端的に言うと、「アメリカで民主党大統領が誕生すると、日本で“リベラル政権”が誕生し、共和党大統領が誕生すると、日本で“保守派政権”が誕生する」という歴史を繰り返してきたからです。